ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホームページ移転と終了

一年間ありがとうございました。


今回でガスライティング対策室は終了します。


ギャングストーキング概要
(集団ストーカー概要)を少しずつ更新しています。

気が向いたら
訪問とコメントをお願いします。 

ギャングストーキング概要

http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=kenne123&guid=ON
スポンサーサイト
  1. 2012/03/12(月) 18:46:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

集団ストーカーの次はガスライティングの報道

livedoorニュースでガスライティングについて報道されています。

これは今までガスライティングを否定してきた、探偵事務所や報道機関を加害者側と裏付ける事が出来るのではないでしょうか。

否定する意味や否定隠蔽する、理由は何か?それは加担と実行しているからでしょう。


livedoorニュース

「ガスライティング」――ブラック企業が社員を辞めさせる手口

[1月20日16時00分]

拡大
会社が社員を辞めさせるためには、どのような方法があるか。日本の労働法は解雇規制が厳しく、安易に解雇すれば会社が訴えられるリスクが高い。裁判で負ければ「ブラック企業」のレッテルが貼られ、広く知られてしまう。

そこで、退職勧奨をしても自発的に辞めない場合、加害者が分からないような「間接的な嫌がらせ」をして退職に追い込む例が実際に存在するという。その手口は「ガスライティング」と呼ばれている。

郵便物を荒らし、集団ストーカーで不安に追い込む

ガスライティングとは、かつて街頭に立っていた「ガス燈」のこと。イングリット・バーグマンが主演した同名のサスペンス映画のタイトルが、その由来だ。

この映画では、夫から「もの忘れや盗癖が目立つ」と繰り返し指摘された妻が、自分の頭がおかしくなったと思いこみ、不安に苛まれる様子が描かれている。しかしそれは、夫が妻を精神的に追い込むための手口だった。一種の精神的虐待といえる。

「ガスライティングの手法で社員を追い詰め、辞めさせる方法は、大手企業で密かに行われているのは事実です。ガスライティングに加担した社員に接触し、確認しているので間違いありません」

そう語るのは、ブラック企業アナリストの新田龍氏だ。具体的な手口は、会社がストーカーを雇って標的とする社員を集団でつけ回したり、家の前で張り込んだり室内をのぞいたりするという。郵便ポストを荒らして郵便物をグシャグシャにすることもある。

「誰かにつけられている」「誰かにいつも見張られてる」。そんな恐怖感から不安が高まり、体調不良になると、上司が産業医の診察を勧める。会社と結託した産業医は「メンタルヘルス不全」の診断を下して、社員を退職に追い込む。


行為の一部は法的にも問題があると思われる。本当にそんなことがあるのだろうか。会社の工作ではなく、個人の疾患や妄想ではないのか。この疑問に、新田氏はこう答える。

   続きを読む
  1. 2012/01/21(土) 10:41:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

現在、阿久根市職員に嫌がらせ、監視ストーカー行為を受けている。

大河原宗平氏の裁判のお知らせと拡散をお願いします。

群馬県警のプール金を暴いて、県警から捏ち上げ

逮捕・勾留されたの裁判です。

でっち上げ逮捕・勾留に対する「損害賠償請求控訴裁判」

       平成24年1月23日(月)10:15〜
東京高等裁判所8階824号法廷 「平成23年(ネ)第4486号」

下記は、大高正二氏の第8回の法廷です。

平成24年1月23日(月)13:30〜
東京地方裁判所4階429号法廷(通称、警備法廷)
 傍聴券の整理券を正門を入って左側で行います。

整理券の配付は13:00で締めきられますので、
お早めに起こし下さい。

尚、法廷終了後に弁護士会館1002号会議室で、

法廷での説明会があります。

(予定時間15時から17時) 

多くの方々の傍聴を宜しく

お願い申し上げます。

情報の拡散と傍聴をお願いします。

管理人
  1. 2012/01/14(土) 17:31:52|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コインテル・プロ

何度かブログ内で取り上げていますので簡単に取り上げます。

COINTELPROは、政治的反体制派を分断化するために設計されたFBIの防諜プログラムのカウンター・インテリジェンス・プログラムの略語です。

秘密工作を米連邦捜査局(FBI)の歴史の中で採用されているが、正式なCOINTELPROは1956年から1971年かけて、大きく分けて急進的な政治組織に対して標的としたプログラム。

1950年代初頭、共産党は、米国では違法だった。

上院と下院の共産主義者を訴追し、公にそれを公開するための委員会の調査です。

非米活動に関する下院委員会と上院の内部セキュリティ委員会は、上院議員ジョセフマッカーシーが主導)。

1956年と1957年に最高裁判所の判決の歴史は、これらの委員会に挑戦し、スミス法の訴追と破壊活動コントロールボードの公聴会の合憲性を疑問視する民衆の声に、FBIの応答はCOINTELPROは、もはや起訴することができなかった人々を"分断化"するために設計されたプログラムでした。

長年にわたり、同様のプログラムは、公民権、反戦、といわれた他の多くのグループに対して、分断化するために使用されました。

"共産主義のフロント組織に使用された分断・分離、工作活動です。

" J.エドガーフーバー、FBIを長年の監督として
共産主義者の組織力を弱めるために最も心配な力が常に識別することは容易ではないので工作活動を開始する。

共産主義者は世間を騙す訓練を受けており、密かに彼らは共産主義独裁と私達の生活、民主主義をすり換える日に向けて活動されています。

彼らは、邪悪な目的を達成するためにそのような平和団体や市民団体など、巧妙に偽装された運動を、利用する。

個人としての彼らを特定することは困難であるが、共産党のしるしは明らかです。

その最初の懸念は、ソビエトロシアと神を恐れぬ共産主義の進歩です。

民主主義的な生活の敵を知るために学ぶことが重要です。

COINTELPROプログラムを正当化するために、公衆の曝露の後、1971年4月に廃止される前に、FBIは2000以上のCOINTELPRO操作を行い、"[標的]に有効なテクニックをプログラムに追加しCOINTELPROの完成度を高めた。

□:COINTELPROの四つの戦略


1. 抗議運動団体に潜入し、団体リーダー他に対する信頼性を汚し、分断・分裂を図る。


2. メディアによる悪評の扇動が展開と共に心理的な工作が施される。


3.活動家や運動家を犯罪者としてでっちあげる。
証拠は捏造され、冤罪者を量産する。
そしてこれらを理由にリーダーや組織・団体の行動監視を強化される。


4. 状況によって、活動家に対する暴力的迫害行為や脅迫、家宅浸入や破壊行為といったテロリズムが合法的におこなわれる。

※これはGaslightingガスライティングとして、知られている心理的工作を含む。
  1. 2012/01/12(木) 19:55:34|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイコパス

モビング、ガスライティング、コインテルプロ、シュタージ、秘密警察、サイコパス、カルト、を調べて理解して下さい。

ギャングストーキング対抗策を習って調査して見ました。


有能なサイコパス

サイコパスの中でも特に知能が高かったり、人を「たらしこむ」才能を持っているサイコパスは、大規模な組織を支配しようとします。

悪どいビジネスや詐欺で大金持ちになったり、人々を巧みに操ってカルト宗教の教祖や権力を持った地位に収まったりするのが有能なサイコパスの行動パターンです。

参考ソース

サイコパスとは何か?


http://www.psy-nd.info/

日本でも同じような言葉で鬼畜と言う言葉があります。

これは古来から日本にサイコパスやソシオパスが存在していた事を示しています。


性格類型の一つとして、嫌がらせなどといった精神的にも悪影響を及ぼす陰惨な行為や、徹底的な屈辱を与える行為(奴隷として利用など)を平気でする人を「鬼畜」と呼ぶことがある。「極悪人」(「極悪非道」)の象徴として用いられることもある。


参考ソース

http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%e9%ac%bc%e7%95%9c?from=ymb_ser


□人を煽るのが得意技


常日頃から刺激に飢えているサイコパスは、人の競争心を煽り、なんとか「支配ゲーム」に参加させようとするのが得意です。
インターネットの世界では、不毛な議論や罵倒の応酬の場に相手を引き出すために、人の反感を買うような言葉を意図的に掲示板などに書き込む「釣り」という行為がありますが、サイコパスの行動もこれと似たようなものです。

相手の言葉や行動が許せないと思っても、それに反発させる事こそが相手の狙いなのですから、決して挑発には乗らないようにしましょう。


□治らない本質

そしてサイコパスの本質は、どんなにあなたが権力を振りかざしても、愛情を持って接しても、腕力で押さえつけても治ることはありません。
サイコパスの行動を正そうとすることは、言ってみればネズミに空を飛ぶ方法を教えようとするのと同じでまさに徒労。全てが不毛な努力になってしまいます。
しかも、場合によっては逆恨みされる危険もあるわけですから、相手がサイコパスかも知れないときは何と言っても「関わらない」のが最良の対抗策でしょう。

参考ソース

http://www.psy-nd.info/
  1. 2012/01/05(木) 12:56:01|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。