ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロービングバグ(携帯電話盗聴・盗撮)対策再編集

加害者組織は間違いなく、電話の盗撮とパソコンや携帯のメールとネットのアクセス履歴で集団ストーカー(ガスライティング)待ち伏せ・仄めかし・付きまといを仕掛けてきています。

この個人情報漏洩ルートは世界中の情報から警察組織を疑って間違いないでしょう。


もし他に日本中で携帯電話の盗聴をしている組織があれば警察は捜査するでしょうし、携帯電話会社が個人情報を洩らしていたならば、会社は間違いなく利用者からの告訴や損害賠償で倒産に追い込まれるのではないでしょうか。 


□:ストーキングアイテム
携帯電話について



米連邦捜査局(FBI)は,犯罪捜査に新しい電子盗聴の手段を使い始めたようだ。

これは携帯電話の通話口についているマイクを遠隔操作でオンにし,それを利用して付近の会話を盗聴するというものだ。

この方法は「ロービングバグ(roving bug)」と呼ばれ,ニューヨークの組織犯罪集団(ファミリー)のメンバーに関する捜査での使用について,米司法省の高官から許可が下りた。

捜査対象となったファミリーのメンバーは,尾行や電話盗聴といった従来の監視方法を警戒していた。

ギャングの一員とみられるJohn Arditoとその弁護士のPeter Pelusoの2人が所有するNextelの携帯電話を利用し,FBIは周辺の会話を盗聴した。

FBIはArditoを,全米のマフィアの中でも大きな勢力を持つGenoveseファミリーの最有力者の1人と見ている。

この盗聴手法は,米国時間11月27日に発表された,米連邦地裁のLewis Kaplan裁判官による意見書の中で明らかになった。

この中でKaplan裁判官は,連邦通信傍受法では容疑者の携帯電話付近の会話を盗聴することは許されているとして,「ロービングバグ」は合法だと裁定している。

※Kaplan裁判官の意見書には,この盗聴方法は「携帯電話の電源が入っているか入っていないかにかかわらず機能した」との記載がある。

※携帯電話の中にはバッテリを取り外さない限り完全に電源を切れないものがある。

例えば,Nokiaの一部の携帯電話は,電源を切っておいてもアラームがセットされていれば,その時間になると起動する。


遠隔盗聴の仕組みが刑事事件に用いられたのは,今回のGenoveseファミリーの訴追が初めてのようだが,この手法は長年,セキュリティ分野では議論されてきた。


米商務省のセキュリティ局は「携帯電話は,電話機付近の会話を聞く目的で使われれば,マイクと送信機になってしまうおそれがある」と警告している。


また,2005年には,移動体通信事業者は

※「端末の所有者の知らないうちに,離れたところから携帯電話にソフトウェアをインストールできる。


このソフトにより,所有者が通話していない時にもマイクをオンにできる」という内容の記事がFinancial Times紙に掲載された。

複数の政府機関とも緊密に協力している監視対策コンサルタントのJames Atkinson氏は,NextelとSamsungの携帯電話,およびMotorolaの「Razr」は,マイクを作動させるソフトウェアのダウンロードに対して特に脆弱だと指摘する。

※「離れたところからアクセスし,部屋の中の音を常時送信するよう設定することもできる。

これは端末に直接手を触れなくても可能だ」とAtkinson氏は話している。

現在の携帯電話は小型のコンピュータと化しており,ソフトウェアをダウンロードすれば,通常の通話中に表示される画面を変更できる。

※その後,スパイウェアでFBIに電話をかけ,所有者がまったく知らないうちにマイクを作動させることも可能なのだ(12月1日現在,FBIはコメントを拒否している)。


「電話機の設定が実際に変更され,盗聴器になっている場合,対抗するには,盗聴器発見の専門家に24時間ついていてもらう手もあるが,これは現実的ではない。

※あとは電話機からバッテリを取り外すしかない」とAtkinson氏は言う。

実際,セキュリティを意識する

※企業幹部は日常的に携帯電話からバッテリを外していると,Atkinson氏は付け加えた。


参考ソース

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20061205/255997/ 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/11/06(日) 19:49:20|
  2. 加害手法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

企業=産業医=宗教団体=集団ストーカー

日刊サイゾー

企業と宗教団体の関係が日刊サイゾーで明らかに説明されています。


企業にとって不利益な人物に宗教団体を使って抹殺を働いていた事実が記事には語られています、リストラやクレーマー処理又は罪も無い市民の抹殺に宗教団体が利用されている、可能性が濃厚となってきました。


前項省略


「私が相談を受けた集団ストーカーは、かなり大手の外資系会計事務所の法務部が、ある宗教団体の行動部隊へ委託して行われたという、かなり悪質な一件でした。

信じ難いことですが、一部の教団にはそういう"業務"を請け負う部隊があり、各企業の法務部とパイプを構築しているのです。

裏仕事を暴力団に頼むのと構図は同じです。

しかもそのときは、顧問弁護を務めていた女性弁護士も承知していたというのだからひどい話です。 


道ですれ違いざまに『山田一郎(仮名)、死ね』とささやいたり、ホームの対面からじっと視線を合わせたりするわけです。

ノイローゼになって産業医に相談に行くと、『最近、人の視線が気になりませんか』とか、『幻聴は聞こえますか』と誘導する。

で、私に相談してきたのは、その集団ストーカーをしたひとり。

『上からの指示でこんなことをしたが、もうやりたくない、死にたい』とメールで泣きついてきました。

やる方もこたえる。

負の連鎖ですよ」

また、別の産業医(40代開業医)も集団ストーカーについて次のように言う。

「企業の法務部と教団ラインの集団ストーカーは、最近はあまり行われなくなったとも聞いています。

人を多く使うので、どうしても情報が漏れやすいですからね。

やる側も罪悪感から精神を病む人もいますし」

引き受ける教団も教団なら、そんなところへ"業務"として下ろす企業も企業。

ここまでブラックな手法が一部の大手企業で常態化していた事実に驚くしかない。

参考ソース

http://megalodon.jp/2011-1027-1651-30/n.m.livedoor.com/a/d/5969509?f=110


http://n.m.livedoor.com/a/d/5969509?f=110

http://www.cyzo.com/2011/09/post_8463.html

後は被害者の個人情報(電話の盗聴や位置情報)を何処から入手しているのか?

被害者に付きまとう緊急車両、宅配業者やタクシー郵便局員や警察官、被害者の行く先々で嫌がらせを仕掛ける、スーパーや飲食店、理髪店の連絡網(生活安全条例、参加団体)の解明を考察して行けば犯罪加害者実行グループは検挙できるのではないでしょうか。


自殺や精神科に強制入院また犯罪に誘導された被害者達の為にも…

加害者グループが実行しているガスライティング犯罪は人殺しと精神異常者認定と犯罪者作りですから、どんな理由があっても許される事ではありません。
  1. 2011/10/21(金) 20:10:26|
  2. 加害手法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯電話を盗聴器に代えるスパイウェア

今現在もっとも危険と思われる、携帯アプリは「スパイウェア」でしょう。


携帯電話を標的とするスパイウェアは、通話盗聴や発信者の追跡、メールの傍受、GPSにより被害者の所在場所を突き止める。


携帯電話の電源を操作(切ったり)、着信音を鳴らさずに通話状態にして、回りの会話や生活音の盗聴したり、携帯電話上のすべてのことをスパイすることが可能なのです。


スパイウェアは、携帯電話が感染したことを被害者に気づかせることなく、携帯電話の全てのことを特定の加害者に送信する。


このような盗聴や盗撮、メールの内容の個人情報が集団ストーカーの待ち伏せや付きまとい仄めかし等に使われている可能性が高く、

「Flexy SPY」というスパイウェアが蔓延し多くの携帯電話が感染しています。

ほかの電話から被害者の電話に電話をかけることで被害者電話機は自動的に発信に応え、周囲の音声を加害者組織に伝える。


たとえば会社の社長や重役の携帯電話を感染させれば、重要な会話や会議の内容をモニタリングできるわけです。

このスパイウェアは携帯電話用のアプリケーション『Mobile BackUp』として申請し、『Sign』を承認させています。


実際にバックアップツールとしても使えますが、その裏で『Flexy SPY』をインストールするのです。

自宅や会社のパソコンも傍受の対象になりスパイウェアアプリケーションはWindows MobileやBlackberryにも感染します。


特にBlackberryはモバイルメールに対応していることから米国やカナダの大企業でも多く導入されています。

これは企業にとって大きなセキュリティリスクになるでしょう。


対策法はアプリケーションをインストールしない、感染を疑われる携帯電話、パソコンを買い換える、無料のアプリケーションはインストールしないのが一番でしょう、他人に携帯電話を貸したり、触らせない操作させない事を徹底して下さい。
  1. 2011/09/21(水) 02:48:39|
  2. 加害手法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裁判所で明らかになった、弁護士と産業医の集団ストーカー

女弁護士が産業医を使っていたブラックな手口は裁判所で公開されています。


T谷という50代のベテラン女性弁護士は、労働法のエキスパートとしてメディアにも登場した経歴を持つ。

ところが、このT谷弁護士がかねてから産業医とグルになり、陰湿な手口で社員を社会的に抹殺してきた疑いがあるという。


裁判所の公開文書より抜粋。


<T谷弁護士は(編注:原文は本名)都内の大手コンサルティング会社から労働法の専門弁護士として依頼を受任し(略)、不都合な社員や退職させたい社員がいる際には、まず集団ストーカーと呼ばれる手口で、その社員の周辺に複数の人間が常につきまとい、その社員に精神的苦痛を与え続け、その社員がたまらなくなって、怒鳴ったり暴力を振るったりしやすいようにする、もしくは精神的苦痛で自殺しやすい状況にする行為を続ける>


>このような集団ストーカー行為もしくは産業医の制度を悪用する手口を使って、被害を訴える個人に対し、精神分裂症等の精神病として診断書を作成して被害者の発言の信憑性を低下させ、その上で産業医が治療と称し措置入院等を行う事で、報道、捜査機関、裁判所等を欺いて対応が出来ないようにし、さらに一般市民を自殺や泣き寝入りに追い込む>


 冒頭の裁判関係者が言う。

「問題の女弁護士については、以前から集団ストーカーや嫌がらせ電話などの怪しい手口のウワサが絶えなかった。

今回もそのやり方をして敗訴ですからね。

※これからヤバいんじゃないかって、弁護士や裁判官たちはウワサしてますよ」

日刊サイゾー(浮島さとし)では、今回この裁判であきらかになった産業医、そして顧問弁護士の汚い手口を紹介しています。


http://legal24.blog.so-net.ne.jp/_pages/conv_default/_images/blog/_fce/legal24/cyzo.jpg?maxwidth=100%25&stq=session%3A%3Asonet_blog%3A%3A23bf9bb84b4d6738fb001e54bb95753a



法律を悪用する輩は法によって裁かれる時が来ると言うことでしょうか?



  1. 2011/09/15(木) 22:33:37|
  2. 加害手法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

緊急車両ストーキング編 

被害者の周りにタイミングよく付きまとったり、待ち伏せする、緊急車両これは被害者の位置が解って(携帯電話のGPSや生活習慣アルゴリズムやプロファイル)を使って工作しています。

その緊急車両は多くの被害者の証言から生活安全条例参加車両、治安維持活動車両と一致します。

ウキペティアより

引用…

パトロールカー(patrol car)とは、一般に警ら(受け持ち地区内をくるくるまわること)や巡回(決まった場所だけに警戒を兼ねて行くこと)と事故などへの出動を目的とした車両を指す。

主に、警察の治安維持活動、ライフラインを点検する為の水道局、ガス会社、電力会社、電話会社、鉄道会社、国土交通省、高速道路会社(旧日本道路公団等)の交通管理隊、また「青色防犯パトロール」と呼ばれる自主防犯活動に用いられる町内会(自治会)などで使用される車両や民間警備会社の車両などがある。


防犯活動用など一部のもの(住民有志の自家用車であったり役所の公用車だったりする)を除き、特種用途自動車(8ナンバー車)である。


参考ソース

パトロールカー

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC


清水由貴子さんが生前訴えていた、車両系ストーキング実行犯はパトカーや郵便局防犯パトロールでした。

清水由貴子さんの被害内容から車両系被害を拾いました。

消防車、パトカー、街の安全パトロール、郵便車などほぼ毎日出くわされる。

ヘリコプターや救急車、消防車、パトカーが多いが私は警察に追われるようなことはしてないと思うから気持ちが悪い。

警察に御用になった人なら追っかけられても仕方がないと思う。

ボランティアの手伝いに向かうとき、いつもパトカー、ヘリコプター、郵便屋が待っている。

参考ソース


AGSAS

http://antigangstalking.join-us.jp/


緊急車両に搭載されるカーロケションを使い被害者の前にタイミング良く付きまとったり、待ち伏せ、ストリートシアターを演じているのでしょう。


(カーロケータシステム)は、日本の警察が導入している、警察用緊急自動車等(警察車両)の現在位置や活動状況等を各々の地域の通信指令センター(通信指令室)等の「地図端末装置」にリアルタイムに表示するシステムである。


参考ソース

カーロケションシステム

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0 


対策法は携帯電話を持ち歩かない、もしくは移動中は携帯電話の電池パックを抜くICチップを抜く、

大事なのは加害者組織に生活習慣パターン(アルゴリズムやライフログ)を記録させない記録された場合はリセットする。

いつも行くスーパーや店には行かない、追跡されるアイテムを使わない持ち歩かない、次の行動や予定を電話やメールファックスを使わない事を徹底して行動して下さい。


  1. 2011/08/07(日) 13:07:36|
  2. 加害手法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。