ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コインテル・プロ

何度かブログ内で取り上げていますので簡単に取り上げます。

COINTELPROは、政治的反体制派を分断化するために設計されたFBIの防諜プログラムのカウンター・インテリジェンス・プログラムの略語です。

秘密工作を米連邦捜査局(FBI)の歴史の中で採用されているが、正式なCOINTELPROは1956年から1971年かけて、大きく分けて急進的な政治組織に対して標的としたプログラム。

1950年代初頭、共産党は、米国では違法だった。

上院と下院の共産主義者を訴追し、公にそれを公開するための委員会の調査です。

非米活動に関する下院委員会と上院の内部セキュリティ委員会は、上院議員ジョセフマッカーシーが主導)。

1956年と1957年に最高裁判所の判決の歴史は、これらの委員会に挑戦し、スミス法の訴追と破壊活動コントロールボードの公聴会の合憲性を疑問視する民衆の声に、FBIの応答はCOINTELPROは、もはや起訴することができなかった人々を"分断化"するために設計されたプログラムでした。

長年にわたり、同様のプログラムは、公民権、反戦、といわれた他の多くのグループに対して、分断化するために使用されました。

"共産主義のフロント組織に使用された分断・分離、工作活動です。

" J.エドガーフーバー、FBIを長年の監督として
共産主義者の組織力を弱めるために最も心配な力が常に識別することは容易ではないので工作活動を開始する。

共産主義者は世間を騙す訓練を受けており、密かに彼らは共産主義独裁と私達の生活、民主主義をすり換える日に向けて活動されています。

彼らは、邪悪な目的を達成するためにそのような平和団体や市民団体など、巧妙に偽装された運動を、利用する。

個人としての彼らを特定することは困難であるが、共産党のしるしは明らかです。

その最初の懸念は、ソビエトロシアと神を恐れぬ共産主義の進歩です。

民主主義的な生活の敵を知るために学ぶことが重要です。

COINTELPROプログラムを正当化するために、公衆の曝露の後、1971年4月に廃止される前に、FBIは2000以上のCOINTELPRO操作を行い、"[標的]に有効なテクニックをプログラムに追加しCOINTELPROの完成度を高めた。

□:COINTELPROの四つの戦略


1. 抗議運動団体に潜入し、団体リーダー他に対する信頼性を汚し、分断・分裂を図る。


2. メディアによる悪評の扇動が展開と共に心理的な工作が施される。


3.活動家や運動家を犯罪者としてでっちあげる。
証拠は捏造され、冤罪者を量産する。
そしてこれらを理由にリーダーや組織・団体の行動監視を強化される。


4. 状況によって、活動家に対する暴力的迫害行為や脅迫、家宅浸入や破壊行為といったテロリズムが合法的におこなわれる。

※これはGaslightingガスライティングとして、知られている心理的工作を含む。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/12(木) 19:55:34|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギャングストーキング

ギャングストーキング、概要

ギャングストーキングは、嫌がらせだけでなく、基本的に複数の加害者が関与する生命、財産を破壊するための被害も含まれます。


これは法執行機関と立法がギャングストーキングの現実に追いつくには至っていない為に、長年にわたってギャングストーキング行為を行うことができる素性となっています。

このギャングストーキング現象を第三者に信じてもらう事は非常に困難であるため、心理的な嫌がらせは、多くの場合、被害者が友人や家族に被害を訴えると嘲笑されたり、被害者の気のせい、勘違いと思わせる様によく編成された攻撃を被害者に対して使用されています。


しかし、被害者の多数の被害内容からギャングストーキング達が互いにネットワークを構築して国中で同じ戦術をどこでも使用されている点が見うけられる。

これらの戦術は、物理的および心理的な崩壊にポイントを置いて被害者を弱めることを意図しています。


被害者が最初に対象としている選ばれる理由は色々あるかも知れない。

政治的活動をして被害者に選ばれるかもしれない。

又は間違った時に間違った情報で被害者にされている可能性もあります。

企業は明らかにかつての雇用していた人々を黙らせるためにこれらのストーカーのグループを雇用することが知られている。

これらのギャングストーキングは、被害者を町から追い出す必要があると考え、被害者の周りに嘘をついています。

被害者になる理由は予想や推測ですが。

いくつかのケースでは、アメリカのテロストーカーの著者はデビッドローソンによると、被害者は間違って選らばらたり、単にギャングストーキング加担者らが被害者らに何が起こるかを示すために練習の標的として、またはグループ内の他の見せしめとして使用されます。

これは、ターゲットになると強烈な恐怖心から、ギャングストーキンググループの命令に服従させたりギャングストーカーグループのメンバーを維持するのに役立っています。


ギャングストーキングのメンバーは、ターゲットの生活は全く破壊され ることに密接に知っているので、そのような恐ろしい見通しから服従します。

それは物理的に被害者を傷つけることよりも有害で、また犯罪以来主は捕まる危険性が無く実行できます。

実際、心理的なこの種の攻撃は、被害者を傷つけるには効果的な方法です。

加害者は罪を問われる事はなく、ほとんどあるいは全く証拠を残さないまま、完全に被害者の人生を破壊することができます。

ほとんど場合いは被害者が解らない間にターゲットとされている可能性があります。

被害者になる理由とは何か被害者自身が全く解らない場合があります。

それは、嫌がらせの参加者も被害者がターゲットにされた理由がわからないことが考えられます、またこれらの個人のほとんどの犠牲者を嫌がらせの任意の個人的な利害関係を持つことになります。

しかし、特定の物事は 明確である、これは依存性がある嫌がらせの為のストーカー行為で娯楽の一形態です。


犯罪加害者達と接して来て加害者のいくつかの表情から、彼らは被害者をいじめる事に 喜びを持つ悪質な感情があります。

明らかに彼らは、被害者の生活を"コントロールの"しているような
感覚が好きです。

"リアリティTV"と私たちの社会の現在の強迫観念のように、この活動は、必然的に"現実"エンターテインメントの究極の体験として周知、広める必要があります。

このように大きく、よりスリルのための永久に、被害者の生活に付きまといそのストーカーの中に底無し穴のように。

加害者らの目標は、終わりのないゲームで、単に被害者は彼らの獲物です。

しかし、背後にある理由は何であれ、間違いなく計算された憎悪犯罪です。

行われる行為の種類は、しばしば偶然におきた事と時々間違ったり、通常の日常的なものと区別することはできませんが、被害者は通常よりはるかに頻繁に発生します。

アメリカのテロストーキング著者のデビッドローソ ンは本の中で指摘しています、ストーカーの存在は被害者の妄想ではなく、被害者または身内がストーカー達が出現が編成されたことを認識しているので。

被害者が他の人とこれらの経験を共有しようとすると、その結果分離と嘲笑のために強烈な心理的嫌がらせが引き起されます。

続きを読む
  1. 2012/01/03(火) 18:19:03|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギャングストーキング対抗策

被害者は能力の最善を尽くして社会生活を生きて下さい。

被害の対抗にとどまるだけではなく。

できるかぎり、通常の社会生活を続行して下さい。

社会生活の場で被害者は理性を紛失しないようにしてください。

被害者が理性を失う事は、犯罪加害者らが望むものです。

できるだけ穏やかで落ち着いた人を思いやる行動をして下さい。

犯罪加害者らは被害者を監視しています、被害者は加害者らを監視、記録して下さい。

被害者は、犯罪加害者らが何をしているか記録し理解して下さい、被害者が加害者達の加害内容を理解していれば、加害者らの裏をかくことができます、被害者は出来るだけ犯罪加害者らとは対話しないでください。

犯罪加害者らは被害者との対話を待ち望んでいます。
犯罪加害者らにそれを与えないようにしてみてください。

被害者が反撃を開始し、犯罪加害者らが攻撃を、増やす場合は。

被害者それを維持、持続させて、被害者はそれらを記録観察し理解して下さい。

モビング、ガスライティング、コインテルプロ、シュタージ、秘密警察、サイコパス、カルト、を調べて理解して下さい。

本を読み、映画を見る、犯罪加害者らがどのように機能するかを学びます。

何が起きているかの記録を保つ。

被害者の社会的な繋がりを再構築します。

孤立しない、新しい社会的繋がりは被害者の助けに繋がります。

被害者が積極的に、社会的なサークルを再構築する事です。

被害者が小さな町に住んでいれば、別の町で誰か被害者と連絡を取る、またはギャングストーキングに参加していない人を見つけることを試みる。

これがギャングストーキングネットワークの切断になります、被害者の最善の防御策は、被害者ネットワークを構築または再構築しようとすることです。

被害者の身の回りで何が起こっているかの世間の人々に認識させる。

これはギャングストーキングの被害の中でうまく機能します。

あまりにも多くの人々がギャングストーキングに参加しているので、小さな町では上手く行かないかも知れません。

必要であればブログを始める、被害者同士の連絡する電話で助けを呼ぶ。

啓発キャンペーンを実行してください。



以上ギャングストーキング対抗法でした。

被害者の方へ

年内の書き込みは今日で終了です。

良い新年をお迎え下さい

  1. 2011/12/30(金) 20:39:49|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

携帯電話とライフログ

多数のスマートフォン端末にプライバシーを丸裸にするソフトが仕込まれていたことを、米国のセキュリティ研究者が発見し、その動作する様子を撮影した約17分の動画をYouTubeに投稿した。

これがきっかけとなり、端末を販売する携帯キャリアや、このソフトの製造元である米Carrier IQへの批判が高まっている。

Carrier IQの目的は「携帯端末とキャリアサービスの品質管理のため」とされる。

しかし、収集されているプライバシー情報の質・量が判明。


参考ソース

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111202_495431.html

後は誰がスパイウェアを使って被害者の情報を入手しているのか?

世界的にギャングストーキングが起きている事や世界中で犯人が検挙されていない、日本全国でも捕まる事もなく、通信の傍受や携帯電話やパソコンのハッキングが出来るのは政府と警察組織しか考えられないが


  1. 2011/12/10(土) 22:30:28|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィキリークス(WikiLeaks

【12月2日 AFP】内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」創設者のジュリアン・アサンジ(Julian Assange)容疑者が1日、市民を監視する技術を各国政府に売り込む「国際的な産業」に関する文書の公開を始めたと発表した。

これらの文書に記されているのは、携帯電話や電子メール、インターネットの閲覧記録といった個人情報を監視する技術を開発している25か国約160企業の活動。

日本企業の名前も記載されているようです。


参考ソース

http://www.afpbb.com/article/politics/2843589/8151173


  1. 2011/12/06(火) 21:21:20|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。