ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓国ストーキング事情

お隣、韓国のストーキング事情、韓国では便利屋がお金儲けでストーキングや殺人までも請け負いしている事件が多発化しているようです。


韓国新聞社

[ 中央日報/中央日報日本語版]

より引用文…


中央日報 latest news
便利屋が犯罪不動産屋に転落
2005年02月28日19時24分

一部の便利屋が、書類代行・宅配サービスなどの単純お使い業務を逸脱し、人殺しや人さらい、暴行を働く犯罪集団に転落している。
最近、便利屋の店員が保険金をだまし取ろうとたくらんだ妻から依頼されて夫を殺害したのをはじめ、盗聴や拉致などの不法行為も働いており、便利屋取り締まりの声も高まっている。

警察と関連業者によれば、彼らは便利屋という名称の代わりに「○○コンサルティング」「○○企画」といた看板を掲げ「さまざまな悩みを解決」「債権回収代行」「個人情報照会します」などと大々的に宣伝している。

インターネット営業する便利屋までを含めれば、韓国内に数百店舗が存在すると警察はみている。彼らは生活情報誌や無償提供紙で広告を見て問い合わせてきた客から手付金を受け取った後、本格的な「作戦」に入るという。

警察は先月27日、保険金をだまし取るために夫の殺害を依頼したムン容疑者(38、女)とムン容疑者の申し出を受けて夫を殺害した便利屋店員キム容疑者(23)ら6人を逮捕した。
キム容疑者らはムン容疑者から5000万ウォン(約500万円)を受け取り、昨年7月に全羅南道務安郡(チョンラナムド・ムアングン)にある貯水池近くの路上で、道を横断していたムン容疑者の夫(41)をひき殺そうと謀り、夫は重傷を負った。


その1カ月後、交通事故で入院中の夫の病室に侵入し、枕で窒息死させた。

警察関係者は「特定人物の所在を調べる伝統的な(?)業務のほかに、債権取り立て、ストーカー行為はもちろん、拉致や殺人でも金になるなら何でもやっている」とし「コネがある通信会社や銀行などを利用して、通話内訳や債務内訳などの個人情報を照会している」と懸念している。


 
スポンサーサイト
  1. 2011/08/26(金) 14:29:45|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IC付き運転免許証対策法

ほとんどの国民に行き渡った感があるIC付き運転免許証、警視庁は「ICカード免許証」などと呼んでいますが、これはRFID免許証です。


□:RFID免許証とは?

アメリカでは、連邦政府と一部の州が、運転免許証の偽造や盗難を防ぐため、ドライバーの個人情報を無線で発信するチップを免許証に組み込むことを検討している。

(すでにアメリカでは実施中)


連邦議会は、州の発行する運転免許証を国内どこでも読み取れる国民IDカードにするため、各州に対して「スマートカード」統一標準への準拠を義務づけるようになるかもしれない。

運転免許証に組み込まれるRFIDチップは、最低限でも、免許証の表に記載された全情報を送信する。


いずれは指紋などの個人識別情報が追加される可能性もある。


□:問題点は?


 「RFIDタグの最大の問題は、遠くから読み取れることだ」と米市民的自由連盟(ACLU)の『技術と自由プログラム』顧問を務めるクリストファー・カラブレス氏は指摘する。

運転免許証にRFIDタグを組み込めば、たとえば政府機関が読取機を広場に向けて、デモ参加者の身元を特定することも簡単にできるようになる。


街を歩いているだけで、どこかの悪者に、財布の中の免許証から誕生日や住所などの個人情報を盗まれるかもしれない。

口座利用者の身元確認にこういった情報を利用している銀行が多いため、これは重大な問題だ。


カード読取機からの情報をGPSによる位置情報と組み合わせ、衛星を通じて中継すれば、政府が市民の動向を総合的に把握することも可能になる。


また、ストーカーがRFID運転免許証を悪用して、被害者を追跡することも考えられるとカラブレス氏は言う。


「悪夢のようなセキュリティー侵害が現実になるかもしれない」

参考ソース

バージニヤ州、運転免許証に無線RFIDを検討

http://wiredvision.jp/lite/u/archives/200410/2004100803.html


日本の警察庁は、このRFID運転免許証は「運転免許証の国際標準規格に対応」したものと言っています。


つまりアメリカと同じ性能面を持っているという事でしょう。


IC付き運転免許証に記録されている内容は、公表されているだけでも、氏名、生年月日、免許証交付年月日、有効期間、免許の種類、免許証番号、本籍、顔写真となっていますが。


他にも職業や前科その他、個人情報が含まれている、可能性は充分にあります。


Nシステムと連動して、国民の追跡調査や犯罪調査に使われるのは当然でしょう、もちろん集団ストーキングにも活躍するでしょうね。


□:対策法は?


電子レンジで数秒間チンするか、またはアルミ箔でくるんで持ち歩いて下さい。

アメリカでは免許証をハンマーで叩いて、RFID(ICチップ)壊すとゆう荒業を使う、輩もいるそうです。(あまりおすすめできませんが…)

  1. 2011/08/26(金) 13:51:07|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パープ警察官対策法

パープ警察官とは?

英語圏のギャングストーキングに参加、加担する警察官を指しています。


参考ソース

拝啓、日本のギャングストーカー加害者様

http://americanobotsuraku.blog132.fc2.com/?m&cr=b9a56f86a1c5ad33c22b3ad2bd1926eb

からの引用…

【ギャングすとーかーレポート@USA】

八月最後の日曜日、合気道のセミナーを見学しに
アップランドという町まで行ってきました。

わたしにとってアップランド市は「初めて」訪れた町だったのですが、アメリカへ来てから発見した、ギャングストーカー犯罪者の法則のひとつは、ストーキングをしてくる警官パープ(パープとは集団ストーキング実行犯を指す英語圏での俗称)の乗ったパトカーや徒歩の警官パープは、ランダムに現れるのではなく時間、タイミング、場所を一定させて現れるという点です。


それが偶然すれ違ったのではなく、わざとやってるストーキングなんだと被害者本人にだけ気づかせることに意味があります。

第三者には通常のパトロールだと嘘を吐き、犯行の責任から逃げつつ、常に犯罪の足がつかないよう細工するということです。

そして私の場合その警官パープらが出没する「お決まり」の場所のひとつが私が「初めて訪れる町」なのです。


この日もアメリカのパープ警官さんは期待を裏切らず税金使って公用車(パトーカー)で、ご挨拶に来てくれました。ご丁寧に3回もです。アップランドに到着してフリーウェイから下道に降りる直前と直後、そしてセミナーが終わってフリーウェイに向かう道で…

ほんとに呆れたのはセミナーのあと遠方から来られた高段者の先生を囲んでビールやジュースで乾杯して皆で談笑し、(アメリカですから)帰りたくなった者から三々五々、各人勝手に帰っていくんですね。なので誰が何時何分に去るかは、予めわからない。

私も、もうちょっと居ようかな、でも家に帰ってやることあるしなあ・・とかいろいろ考えながら、ほんとうにいわゆる「テキトー」なところで退席したんですね。

 そしてセミナー会場の道場を出ると、すぐ前方にパトカーがいるんです!

・・ってことはですよ、ずっと私を待ってるんですよ、このパープ警官さんは、わたしのようなただのオッサンが帰るまで、会場の近くで待機して。


引用終了…


日本でも同じようにパープ警察は活動が活発のようです。


警察の嫌がらせ

Yahoo!検索

1410000件

集団ストーカー警察


560000件


この数字から日本の集団ストーカーにパープな警察が加担しているのでしょうね。

各地の都道府県、公安委員会に、「警官の犯罪行為や警官不祥事事実」を指摘して、警官処分を求めるか、
警察署長宛て「苦情申立書」を提出してはどうでしょうか。


警察法第79条の利用


警察官の不祥事が相次いだため、平成12年に、警察官の職務執行に対する苦情申し立て制度が出来ました。
第79条 都道府県警察の職員の職務執行について苦情がある者は、都道府県公安委員会に対し、国家公安委員会規則で定める手続に従い、文書により苦情の申出をすることができる。


公安委員会は警察のお目付役です。

警察官は縦社会なので、公安委員会から呼び出し食らうだけでかなり焦ります。

特に様式はないようですが、お住まいの地域の公安委員会に以下の内容で申立書を作成し提出してください。

1 氏名、住所及び電話番号

2 住所以外の連絡先へ処理結果の通知を求める場合は、当該連絡先の名称、住所及び電話番号

3 苦情申出の原因となった警察職員の職務執行の日時及び場所、当該職務執行に係る警察職員の執務の態様その他事案の概要

4 苦情申出の原因となった職務執行により申出者が受けた具体的な不利益の内容又は当該職務執行に係る警察職員の執務の態様に対する不満の内容

また、警察法第79条第2項では

「都道府県公安委員会は、前項の申出があつたときは、法令又は条例の規定に基づきこれを誠実に処理し、処理の結果を文書により申出者に通知しなければならない。」
となっています。


また全て代行してくれる弁護士事務所も多数存在します、相談してみるのも如何でしょうか?
  1. 2011/08/18(木) 15:50:55|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何故、解決しないのか?

集団ストーカーの全てを警察組織の犯罪だと決め付けた場合、解釈上集団ストーカーを総合的に説明するには無理が出てきます。

集団ストーカーとの関連性が問われている、所謂企業のリストラやクレーム処理、国や政財界に気に食わない人物の抹殺、某宗教関係を説明していくことができません。

集団ストーカーを総合的に説明可能となる解釈は、集団ストーカーとは、

政治権力・公権力を背景とした団体なり組織・集団なりが、捜査当局関連の法案や予算、人事、裏金の黙認や承認する代わりに、

自分達(組織・団体)にとって気に食わない特定人物(ターゲット標的)に対して『なんらかの容疑』に基づいて、捜査当局による検証令状で組織的にターゲットのいく先々を付回しさせること ということになる。

つまり集団ストーカー活動とは、政治的権力を背景とした階層による捜査当局の職件乱用とゆう図式になります。

政治・財界・官僚・マスコミの協力と共有・共用により存在・利用されている、社会的、抹殺スキル・ガスライティング、この国と社会が必要としているシステムで解決や検挙・裁かれる事はないでしょう。



黒幕−−−国家・自衛隊・警察


依頼主−−−マスコミ・探偵・広告代理店・企業・政治家・官公庁・宗教団体など


実行犯−−−各都道府県の防犯協会・警察協力団体ネットワーク・警察組織


ギャングストーキングに参加する警察官を英語圏ではパープ警察官と呼ぶそうですが、これは世界的に集団ストーカーと言うシステムが構築されている事を示しています。

参考ソース

拝啓日本のギャングストーカー犯罪者の皆様

http://americanobotsuraku.blog132.fc2.com/?m&cr=b9a56f86a1c5ad33c22b3ad2bd1926eb


  1. 2011/08/16(火) 04:44:53|
  2. 犯人像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギャングストーキング警察の対応

アメリカ、カナダのギャングストーキングに対して現地警察の対応から日本の集団ストーカー被害者の警察の対応が解るのではないでしょうか。


ギャングストーキング被害者のブログより引用


匿名を条件に上位の法執行当局者は、このように述べている...


1。法的執行機関は、ギャングストーキング行為のすべてのケースを無視して、被害者を追い返せ又は可能であれば、被害者が精神障害者であるという証拠を提供すること、強制的に入院させる様に厳しい命令を受けています。


2。刑事司法制度はギャングストーキング行為の資金を自ら仕向けたり、そそのかしたりして利益を得ています、小さなエリートの制御下に厳密です。
ギャングストーキング活動に大きく依存している...


3。自警団グループの対応
自警団グループは、ギャングストーキング行為を捕食として捉えています。


海外の警察の対応からの考察


□、警官の対応

集団ストーカーの被害を全て無視して、被害者を追い返せ。


被害者を精神異常者の証拠を立証、強制的に入院させるように命令を受けている。

警察組織は集団ストーカーを自ら仕掛けたり、そそのかして資金や利益を得ている。

警察組織は集団ストーカー活動に大きく依存している。

防犯パトロール、ボランティアは集団ストーカー行為を補食(被害者を獲物)と捉えている。


  1. 2011/08/11(木) 20:50:29|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊急車両ストーキング編 

被害者の周りにタイミングよく付きまとったり、待ち伏せする、緊急車両これは被害者の位置が解って(携帯電話のGPSや生活習慣アルゴリズムやプロファイル)を使って工作しています。

その緊急車両は多くの被害者の証言から生活安全条例参加車両、治安維持活動車両と一致します。

ウキペティアより

引用…

パトロールカー(patrol car)とは、一般に警ら(受け持ち地区内をくるくるまわること)や巡回(決まった場所だけに警戒を兼ねて行くこと)と事故などへの出動を目的とした車両を指す。

主に、警察の治安維持活動、ライフラインを点検する為の水道局、ガス会社、電力会社、電話会社、鉄道会社、国土交通省、高速道路会社(旧日本道路公団等)の交通管理隊、また「青色防犯パトロール」と呼ばれる自主防犯活動に用いられる町内会(自治会)などで使用される車両や民間警備会社の車両などがある。


防犯活動用など一部のもの(住民有志の自家用車であったり役所の公用車だったりする)を除き、特種用途自動車(8ナンバー車)である。


参考ソース

パトロールカー

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC


清水由貴子さんが生前訴えていた、車両系ストーキング実行犯はパトカーや郵便局防犯パトロールでした。

清水由貴子さんの被害内容から車両系被害を拾いました。

消防車、パトカー、街の安全パトロール、郵便車などほぼ毎日出くわされる。

ヘリコプターや救急車、消防車、パトカーが多いが私は警察に追われるようなことはしてないと思うから気持ちが悪い。

警察に御用になった人なら追っかけられても仕方がないと思う。

ボランティアの手伝いに向かうとき、いつもパトカー、ヘリコプター、郵便屋が待っている。

参考ソース


AGSAS

http://antigangstalking.join-us.jp/


緊急車両に搭載されるカーロケションを使い被害者の前にタイミング良く付きまとったり、待ち伏せ、ストリートシアターを演じているのでしょう。


(カーロケータシステム)は、日本の警察が導入している、警察用緊急自動車等(警察車両)の現在位置や活動状況等を各々の地域の通信指令センター(通信指令室)等の「地図端末装置」にリアルタイムに表示するシステムである。


参考ソース

カーロケションシステム

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0 


対策法は携帯電話を持ち歩かない、もしくは移動中は携帯電話の電池パックを抜くICチップを抜く、

大事なのは加害者組織に生活習慣パターン(アルゴリズムやライフログ)を記録させない記録された場合はリセットする。

いつも行くスーパーや店には行かない、追跡されるアイテムを使わない持ち歩かない、次の行動や予定を電話やメールファックスを使わない事を徹底して行動して下さい。


  1. 2011/08/07(日) 13:07:36|
  2. 加害手法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生活安全条例

あなたの安全を守ります!?―警察国家化を推進する「生活安全条例」


(3)危険な市民連帯主義

 警察はありがたい、と言ってはいられない。


警察主導のまちづくりが、地域生活への過度の介入になると、人権の最大の侵害者は国家権力だ、という近代立憲主義の基本思想の屋台骨すら揺るがしかねない。

また警察庁生活安全局は、町内会・自治会、防犯協会ならびに各種ボランティア団体などを動員して、安全なまちづくりを推進しようとしている。

本稿で取り上げる千代田区の条例にも、区民は、「自宅周辺を清浄にする等、安全で快適なまちの実現」に努力しなければなならない(四条一項)、「相互扶助の精神に基づき、地域社会における連帯意識」の向上に努めなければならない(同条二項)、「この条例の目的を達成するため、区及び関係行政機関が実施する施策に協力しなければならない」(同条三項)といった規定があり、「関係行政機関」に警察署が入る(二条)以上、千代田区民は、警察の手先とならなければならない。


やはり、警察はありがたい、と言っている場合ではない。


警察と一体化した市民が連帯意識をもって、地域から「不審者」を排除する社会は、あまり居心地のいい社会とはいえない。


精神病者、あるいは野宿者が「不審者」は、あなたかもしれないのである。

参加ソース

http://www.jca.apc.org/~kenpoweb/articles/ishishim_hs1202.html?stq=session%3A%3Asonet_blog%3A%3A34af45c421a680f8550438300a61a47e



ひろがる監視社会
――「安全・安心まちづくり」とは何か



 警察は発想豊かだなと感心するんですけれども、バレーをやっている人たちからなる「クライムアタック隊」、クライムは犯罪ですね。あと愛犬家の「わんわんパトロール」、自転車通学の女子学生などを使った「りんりんパトロール」等ですね。


町会役員や防犯活動推進員を「街かど安全サポーター」というものに任命して、この人たちが「午前・午後の犯罪多発時間帯の2回、適宜の時間に10分ほど自宅前や付近で、体操・樹木の手入れ・掃除・散歩等を兼ねた路地の警戒や、『おはようございます』などのあいさつ、『どこかお探しですか』等の声かけ、不審者発見時の110番通報を働きかけ、常に街角に住民が出ていること」で犯罪の抑止を図ろうというものです。

いつ、誰が家の前で体操しようと掃除しようと散歩しようと自由なはずなんですけれども、練馬では警察主導で、いつ散歩とか掃除をしてください、その時に同時に不審者の監視もしてくださいということをやっているわけですね。

こういうことを大々的にやって反発されないのが不思議なんですけれども。


参考ソース

http://comcom.jca.apc.org/heikenkon/20th/simizu/simizu_1.html


  続きを読む
  1. 2011/08/02(火) 20:52:33|
  2. 犯人像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個人情報の漏洩と集団ストーカー

タスポ情報を任意提供=日本たばこ協会、捜査当局に
7月27日11時41分配信 時事通信

未成年者の喫煙防止を目的としたたばこ自動販売機の成人識別カード「taspo(タスポ)」を発行する日本たばこ協会(東京)が、個人の利用日時や場所などの情報について、警察や検察などの捜査当局に任意で提供していたことが27日、分かった。

情報提供は刑事訴訟法に基づく照会に対する回答という形で、同協会は「個人情報の管理は厳格に行っているが、公的機関から正式に捜査協力を求められれば協力はしている」としている。

同協会によると、個人情報保護法に関する同協会の方針や、タスポ会員規約の「個人情報の収集および利用」の項目で、「会員は協会が必要な保護措置を講じた上で(個人情報を)利用することに同意する」と規定していることに基づき、生年月日や住所、電話番号、カード発行日、たばこ購入の日時や自販機の所在地などの情報をケースに応じて捜査当局に提供しているという。


捜査当局が犯罪者の行動捜査以外に個人情報を使っているらしい。

行方不明の捜索、税金や罰金の未納者の行動を把握するのにも使われているらしい、(これは集団ストーカー現象ではないのか?)

こうした監視社会のシステムが集団ストーカーに悪用されているのではないでしょうか?


例え治安維持やテロ対策と言う建て前があったとしても、他人に自分の行動履歴が筒抜けになってしまっている監視社会は異常です。
便利なICカードが出回っていますがタスポだけでなくスイカやパスモ等も捜索当局(警察組織)に使用者履歴が出回っていると考えるのが自然でしょうね。

アメリカのギャングストーキング実行犯は被害者の被害内容から

引用文

「(警察を始めとした)公務員らが市民のプライバシー窃盗を行なっており、そこで得られた個人情報が集団ストーキング犯罪に利用されている」事実はもう大勢のアメリカ人が知ってることなんだから。


  1. 2011/08/01(月) 22:09:37|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。