ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マル特(危険人物・監視対象者) 

元警察官で実名で警察の裏金を告発している、元阿久根市副市長、仙波敏郎氏

警察の実態をインタビューで語っている、警察組織の実態を拾ってみました。


 (岩上氏)そうすると、組織にとってそういう人間(裏金を告発)がいると大変不都合で、いつか告発されるか。

 危険人物。



(仙波敏郎氏) 警察用語で、そういう人間をマル特と言う。特別の徳をマルで囲む。そういう隠語使います。

特別対象者というのが正式な名前です。対象と言うのは監視対象。


 警察官になるには、税金横領・私文書偽造等の犯罪者になる心構え?がないと、監視対象の警察官とされ警察用語でマル特になる。

(仙波敏郎氏)

 去年退職した。


もちろん圧力があった。

※【尾行張り込み電話の盗聴メールの盗聴。】


そんなこと当たり前です。

全国公演するたびその都道府県の※公安連中は必ず行動を監視。

録音機持って。


気持ちは絶えずバリアーを張っている。

東京へ行く時電車に乗るときは一番前に出ないとか。
ビルでも危険な場所にいかない。

360度目を光らす。

※【大事なことは公衆電話を使う。】


※【携帯では取られても良いことしか話さない。】


※【重要なことはFAXで。今の警察ではファックスは取れない。】

参考ソース

必見、岩上安身氏×仙波敏郎氏

http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=kriubist&articleId=10700873044

私は自殺はしない、死んだら殺されたと思え!

(仙波敏郎氏)


公安の人間は全体の2%いる。

彼らは表では名前も顔も知られていない。警察の中でも知っているのはごく一部。

彼らは非合法をやるのが仕事。

だから政治家は警察に絶対にNOといえない。

よっぽど地盤が強固で選挙に強くないと、負けたときに何をされるかわからない恐怖がある。

新聞記者はスパイが多い。

記者懇といって警察が記者を囲っている。また記者も副署長や署長にたかっている。

警察は検察の捜査力をバカにしている。


検察が一から事件を捜査したことがない。実際は警察が力をもっている。

検察がなぜ可視化に反対するか、彼らは警察を守っている。

参考ソース

私は自殺はしない、死んだら殺されたと思え!

http://blog.goo.ne.jp/ucandoittaku/e/59b8a9ff0f6f11b853797696b59446c1/?page=5


被害者にまとわりつく警察やパトカー違法な職務質問をするパープー警察官、

対策法は、できるだけICレコーダーやムービーカメラを常に携帯し、警察官に職質されたり、彼らとの会話の内容を録音もしくはメモを取ることが非常に重要です。


そして年月日、時間、警察官が個別に持つIDバッチの番号(胸に付けているバッチ、警察官は個別に番号が与えられている)をメモっておくことも後々の証拠にもなります。

警察官も公務員ですからIDバッチの番号を教えることを拒否することはできません 

  
スポンサーサイト
  1. 2011/09/30(金) 20:21:29|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯電話を盗聴器に代えるスパイウェア

今現在もっとも危険と思われる、携帯アプリは「スパイウェア」でしょう。


携帯電話を標的とするスパイウェアは、通話盗聴や発信者の追跡、メールの傍受、GPSにより被害者の所在場所を突き止める。


携帯電話の電源を操作(切ったり)、着信音を鳴らさずに通話状態にして、回りの会話や生活音の盗聴したり、携帯電話上のすべてのことをスパイすることが可能なのです。


スパイウェアは、携帯電話が感染したことを被害者に気づかせることなく、携帯電話の全てのことを特定の加害者に送信する。


このような盗聴や盗撮、メールの内容の個人情報が集団ストーカーの待ち伏せや付きまとい仄めかし等に使われている可能性が高く、

「Flexy SPY」というスパイウェアが蔓延し多くの携帯電話が感染しています。

ほかの電話から被害者の電話に電話をかけることで被害者電話機は自動的に発信に応え、周囲の音声を加害者組織に伝える。


たとえば会社の社長や重役の携帯電話を感染させれば、重要な会話や会議の内容をモニタリングできるわけです。

このスパイウェアは携帯電話用のアプリケーション『Mobile BackUp』として申請し、『Sign』を承認させています。


実際にバックアップツールとしても使えますが、その裏で『Flexy SPY』をインストールするのです。

自宅や会社のパソコンも傍受の対象になりスパイウェアアプリケーションはWindows MobileやBlackberryにも感染します。


特にBlackberryはモバイルメールに対応していることから米国やカナダの大企業でも多く導入されています。

これは企業にとって大きなセキュリティリスクになるでしょう。


対策法はアプリケーションをインストールしない、感染を疑われる携帯電話、パソコンを買い換える、無料のアプリケーションはインストールしないのが一番でしょう、他人に携帯電話を貸したり、触らせない操作させない事を徹底して下さい。
  1. 2011/09/21(水) 02:48:39|
  2. 加害手法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裁判所で明らかになった、弁護士と産業医の集団ストーカー

女弁護士が産業医を使っていたブラックな手口は裁判所で公開されています。


T谷という50代のベテラン女性弁護士は、労働法のエキスパートとしてメディアにも登場した経歴を持つ。

ところが、このT谷弁護士がかねてから産業医とグルになり、陰湿な手口で社員を社会的に抹殺してきた疑いがあるという。


裁判所の公開文書より抜粋。


<T谷弁護士は(編注:原文は本名)都内の大手コンサルティング会社から労働法の専門弁護士として依頼を受任し(略)、不都合な社員や退職させたい社員がいる際には、まず集団ストーカーと呼ばれる手口で、その社員の周辺に複数の人間が常につきまとい、その社員に精神的苦痛を与え続け、その社員がたまらなくなって、怒鳴ったり暴力を振るったりしやすいようにする、もしくは精神的苦痛で自殺しやすい状況にする行為を続ける>


>このような集団ストーカー行為もしくは産業医の制度を悪用する手口を使って、被害を訴える個人に対し、精神分裂症等の精神病として診断書を作成して被害者の発言の信憑性を低下させ、その上で産業医が治療と称し措置入院等を行う事で、報道、捜査機関、裁判所等を欺いて対応が出来ないようにし、さらに一般市民を自殺や泣き寝入りに追い込む>


 冒頭の裁判関係者が言う。

「問題の女弁護士については、以前から集団ストーカーや嫌がらせ電話などの怪しい手口のウワサが絶えなかった。

今回もそのやり方をして敗訴ですからね。

※これからヤバいんじゃないかって、弁護士や裁判官たちはウワサしてますよ」

日刊サイゾー(浮島さとし)では、今回この裁判であきらかになった産業医、そして顧問弁護士の汚い手口を紹介しています。


http://legal24.blog.so-net.ne.jp/_pages/conv_default/_images/blog/_fce/legal24/cyzo.jpg?maxwidth=100%25&stq=session%3A%3Asonet_blog%3A%3A23bf9bb84b4d6738fb001e54bb95753a



法律を悪用する輩は法によって裁かれる時が来ると言うことでしょうか?



  1. 2011/09/15(木) 22:33:37|
  2. 加害手法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

日本のコインテルプロの被害者は15万人

コインテルプロとは?

コインテルプロ COINTELPRO(Counter Intelligence Program)はカウンター・インテリジェンス・プログラムの略称であり、 米国 の 米連邦捜査局(FBI) が、米国内の抵抗の政治組織を調査し、破壊しようとする目的をもって設立したプログラムである。


コインテルプロの戦術には、対象個人、組織への信頼性をきづつけるために、心理的作戦、メディアへ誤った情報提供、嫌がらせの手紙超法規的暴力、不当な投獄、暗殺などが含まれていた。

COINTELPROの下の秘密工作は、1956〜1971年に行われました。

しかし現在は、コインテルプロ秘密工作は設立以来、現在まで国内政治団体に対して、行われています。


FBI長官 J.エドガー・フーバーはコインテルプロへの指令通達を出し、FBI捜査官に対して、目的とされる個人組織の運動と指導者の活動を「世間にさらし、混乱させ、狙いを誤らせ、信頼を落とし、さもなければ無効にする」よう命令しました。

□・コインテルプロの4つの戦略(英語版Wikipediaより)。

□第一に、彼らは対象となった人の周囲や対象となった団体に浸透します。

□第二に、彼らは心理戦争を周囲から開始します。

対象となった団体や個人に対しての嘘の噂を広めます。

対象団体や個人に対しての偽装を諮ります。

□第三に、法律を利用して対象団体を怪しく見せかけ、犯罪者とクレームしやすいように持ち込みます。

□第四に、彼らは法外の圧力や暴力を使用します。彼らは令状無しの捜査やその他の犯罪を犯します。」


アメリカの影響力が強い、日本にコインテルプロ捜査が存在しているのは100%間違いないでしょう。


日本人のアメリカ留学生のYouTubeコメント
引用文…

テロ対策を錦の御旗にこの国ではもう-、国の犯罪者、あ、いや関係者によって、いつでも庶民ひとりひと-りの信書やeメールが盗み読みされたり、電話の会話を盗聴される-ことがあるということは当たり前の認識になっています。

そんなこ-とは当たり前すぎて今さら国民は驚かず、テレビで全国ニュースに-なるのは、携帯電話に、電源を切っていても勝手に盗聴できたり付-属カメラを通して盗撮が可能な装置が初めから取り付けられていて-、国民はそれを知らされずに買わされていることだとか 

(ちなみに盗聴を防止するにはバッテリーを外しておくしか方法が-ないとニュースキャスターは警告しています)、あるいはこういう-ふうに政府に都合の悪いことを告発し続けるものを脅したり、実際-に生活を破壊して見せしめにすることで大衆の口を封じるために組-織されている

ギャングストーカー(正式名称をコインテルプロとい-い日本で集団ストーカーとよばれている行為)の存在などです。

(参考ソース)

http://www.youtube.com/all_comments?v=9CfkBqudTO8


国家にとって不都合ないわゆる活動家だけでなく、何らかの基準で選択された一般市民に対する「抑圧と監視」に、コインテルプロは長い期間にわたり使用されてきたのであるが、多くの場合それは潜在的な使用であり、その対象者でさえも

羊の太郎君のブログ


http://blogs.yahoo.co.jp/ino_medaka/26095199.html 


コインテルプロ対策


□;あなたのホームページやブログを作成してコインテルプロの標的に選ばれた経験を共有する。

あなたのサイトに、あなたが活動家として気にかけている問題や貴方の考えを表示することも出来ます。

他の活動家たちの生活を知るために、他の活動家と連絡を取りましょう。

もし彼らがコインテルプロの標的となっているのなら、彼らはあなたと情報交換が出来るかもしれません。
活動家としてのあなたを表現する方法を見つけましょう。

もしあなたが活動家なら、強烈なコインテルプロ作戦のためにそうであることを止めないでください。

彼らは社会での活動家の声を恐れているので、彼らはあなたが真実を告げようとする口を封じたいのです。
コインテルプロの被害者で活動家であることを、自伝として発表してください。
あなたのストーリーを動画として共有してください。活動家としてのあなたと貴方の考えを一般公開してください。


集団ストーキングや電子ハラスメントに反対する活動家のグループや掲示板を利用してください。

コインテルプロがあなた自身の問題になっているため、あなたが興味を持つ市民権や動物の権利などの分野よりも簡単に取り組み抗議できるはずです。


(参考ソース)

私たちの社会に蔓延る組織犯罪への抗議と防止

http://aams.topcities.com/ACT_COINTELPROCountermeasure_J.html
  1. 2011/09/08(木) 13:53:31|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

エシュロンコード

□;エシュロンと通話・メール通信の危険性に関する憶測

エシュロンシステムはある一定の登録された単語の辞書を持ち、この辞書に登録された文字列を含むメールや通信を盗聴・傍受していると噂されています。

一度エシュロンにメールアドレスが登録された場合、このメールアドレスに対する全てのメールや通信が盗聴され監視対象に登録されると噂されています。


つまり対象者の発信先、登録先全てのメールアドレスをエシュロンの辞書に登録盗聴・傍受する事が可能です。

このようにしてエシュロンは、人知れず盗聴範囲を拡大を続け。

エシュロンが盗聴しているメールアドレスを変更しても、記録されている送受信先のメールアドレスを盗聴し、変更後のメールアドレスで記録されている送受信先のメールアドレスにメールを送受信することで、再びエシュロンに盗聴される。

利用中の全てのメールアドレスを即座に変更することは技術的に不可能ではないが、現実的な行為とは言い難い。


前述のようにメールシステムの全挙動が察知されていると仮定した場合、エシュロンの盗聴から逃れることは極めて困難と思われる。

□:エシュロンが追跡する辞書。

FBI(米連邦捜査局)

CIA(米中央情報局)

NSA(米国家安全保障局)

IRS(米国税庁)

ATF(アメリカ教育連盟)
BATF(米アルコール・タバコ・火器局)

DOD(米国防総省)

WACO(ウェーコ)

MILITIA(米国民軍)

GUN(銃器)

HANDGUN(拳銃)

MILGOV(軍事政府)

ASSAULT RIFLE(突撃銃)

TERRORISM(テロリズム)

BOMB(爆弾)

DRUG(薬物)

DAVIDIAN(ダビディアン教団)

KAHL、POSSE COMITATUS(民兵隊壮年団)

SPECIAL FORCES(特殊部隊)

SPECIAL OPERATIONS GROUP、SOG、SOF(以上3つ特殊戦部隊)

DELTA FORCE(デルタ部隊)

CONSTITUTION(憲法)、

BILL OF RIGHTS(権利章典)

ARKANSIDE、IRAN CONTRAS(イランコントラ)

OLIVER NORTH(オリバー・ノース=イランコントラ関係者)


MOSSAD(モサド=イスラエル情報機関)

NASA(米航空宇宙局)、

MI5(英国諜報部)

ONI(海軍情報部)

CID(ロンドン警視庁刑事部)

AK47(旧ソ連製突撃銃)

M16(米軍突撃銃)

C4(爆薬)

MALCOLM X(マルコムX)

REVOLUTION(革命)

HILLARY、BILL CLINTON(ヒラリー/ビル・クリントン)

GEORGE BUSH(ジョージ・ブッシュ)

WACKENHUT、TERRORIST(テロリスト)


TASK FORCE 160、SPECIAL OPS、12TH GROUP、5TH GROUP、SF(以上5つ特殊部隊関係)



上記の事柄をメールで送受信したり、検索して監視対象に選ばれるとしたら貴方はどうしますか?

参考ソース

IT社会のプライバシー
とゆう幻想


http://www.jimmin.com/2002b/page_001.htm


被害者のブログ


日本政府(内閣府、防衛省、警察庁、警視庁)指揮による航空機の嫌がらせ告発ブログです。


http://d.hatena.ne.jp/annkarinnguhigaisya/about

  1. 2011/09/05(月) 14:36:15|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。