ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あなたの街のイカレタ野郎はガスライティング被害者かも?

ガスライティング犯罪には一定の犯行手順があります。

犯行順序を見て見ましょう

1:被害者の身辺調査と個人情報収集

被害者とその交遊関係、素行、趣味・趣向と金銭事情を徹底的に調査、被害者の個人情報を収集してプロファイリング作成、その被害者の個人情報に基づいて基本的な加害工作活動(ガスライティング)を組み立てる。

この局面では、本格的な尾行・盗聴・盗撮を行うため被害者はまず気づかないでしょう。

2:悪評の流布と被害者の孤立化パージ工作活動

手順1に基づき、被害者に関する、悪評や素行情報を捏造し町内会・自治会を通じて近隣住民に流布させていく。

それと同時に職場や同僚・取引先にも悪評を流布していく。

信頼すべき社会的地位情報を流す。

この『信頼すべき情報筋』その疑いが濃厚なものとして警察・自治会・防犯関連が考えられます、

この段階でも被害者はまず気付く事はないでしょう。

3:生活安全条例・参加団体・社会的総動員体制のハラスメントとガスライティング

手順2で被害者の対人関係と信用を破壊し孤立化させたところで、生活安全条例に基づく防犯ネットワーク活動及びその他、個人的な団体やネットワークをフルに利用(悪用)し、被害者を包囲・精神的に追い込み精神異常者や犯罪者に仕立て上げるべく以下のガスライティング犯罪手口が実行される。

※被害者が気付く様に加害活動を始める段階。

アンカリング:コリジョンキャンペーン: ストリートシアター: 付回し:ほのめかし:ノイズキャンペーン:ブライティング:モビング:
 
〔参考ソースAGSAS用語集〕

http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Glossary.htm#ブライティング 

ガスライティング犯罪は生活安全条例ネットワークを利用〔悪用〕しています。
組織的犯罪活動を隠蔽する為、客観性を無く為にも被害者にだけに解らせる、様に心理学的犯罪〔ガスライティング〕を工作してきます。

被害者を客観性のない主観的状況状態に追い込みます。
その結果被害者の訴えることや行為・行動が、集団ストーカー〔ガスライティング〕を知らない人々からは、精神障害の症状を疑わしめるものとなってしまいます。

ガスライティング犯罪はそう言う意味では完全犯罪です、警察は被害届け調書も残さず、被害者を追い返すか、精神的な物として精神科医に助けを求める様に仕向けます、それは加担者・実行者・利用者だからです。 
スポンサーサイト
  1. 2011/05/13(金) 16:53:49|
  2. 犯人像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トリガー【引き金】 | ホーム | 雑記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenne123.blog.fc2.com/tb.php/10-88b321fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。