ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

市民の隠れる場所はもう何所にも無い。

あなたは追跡されている、ストーカーはあらゆる場所にいる――ポケットの中にも。

これは、サンフランシスコを拠点に活動する人権擁護団体、市民電子フロンティア財団(EFF)が8月5日(米国時間)に出した警告だ。

(参考ソース)

デジタルストーカー社会の拡大

http://n.m.livedoor.com/a/d/4308403?f=110

集団ストーカー/ガスライティング犯罪グループは被害者の居場所が解らないと加害工作が出来ないですよね。

では、どの様な手段で被害者の位置情報を入手しているのでしょう、考えられるアイテムは次の用な物が考えられます。

□:携帯電話

□:カーナビ

□:GPS

□:キャツシュカードやクレジットカード

□:車のナンバープレート

□:ETC

□:DVDのレンタルカード

□:その他カード類 

□:ICチップ入り免許証 

□:道路上のNシステム

□:街中の防犯カメラTシステム

カード類は持って居ても追跡出来ませんが、それらのカード類を使う事により居場所が特定されてしまいます。

ICチップ入りの免許証は道路上のNシステムの下を通過した時に解ります。

(参考ソース)

http://wiredvision.jp/archives/200410/2004100803.html

携帯電話での位置追跡の危険と弊害

http://www.geocities.jp/isotaku503/ithyou/MobileTrace/

警察の傍聴・撮影の立法の重要性

http://m.webry.info/at/infowave/201010/article_1.htm;jsessionid=C48647A1D9ADD20E72EBAEBBB4090E51.1029bblog403?i=&p=&c=m&guid=on

盗聴した会話から様々な情報を収集し、被害者等の動向を探る目的で用いられる可能性が考えられます。

(参考ソース)

もちろん圧力があった。
尾行張り込み電話の盗聴メールの盗聴。
そんなこと当たり前です

仙波敏郎氏Χ岩見氏

http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=kriubist&articleId=10700873044

Nシステムの行動尾行を避ける為ナンバープレートにナンバーを書いた紙を貼付けて走っていた。

大河原宗平さん

http://www.labornetjp.org/news/2010/1288277164634mu07

□:対策法は?

重要性のある事や行動は固定電話・携帯電話やメールを使わない、郵便も読まれる可能性が高いので直接会って話したり、公衆電話を使う。

携帯電話は電源を切っただけでは、追跡可能ですから電池パックを抜くかICチップを抜いた状態で持ち歩く。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/13(金) 17:03:45|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仄めかし | ホーム | トリガー【引き金】2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenne123.blog.fc2.com/tb.php/13-f3565b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。