ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仄めかし

会社や通勤中に自分の行動範囲で、自分しか知らない事をわざと聞かされる。

それで、盗聴されてる、監視されている、追跡されていると精神的圧迫を仕掛けてきます。

盗聴盗撮をした上で知り得た情報を本人に聞こえるようにわざと話す。

この行為を「ほのめかし」と言います。

「ほのめかし」を行う盗聴盗撮者の目的は、本人に精神的圧迫を与える事です。

また、恋愛感情のストーカーが盗聴盗撮を行い自分の好意を気付いて貰いたい為に行う事も有りますが、集団ストーカー/ガスライティング犯罪の場合は目的が違います。

どちらにしても、被害者には、とても気持ち悪く許せない行為です。

 「ほのめかし」は盗聴盗撮だけで行われるとは限りません。ごみ収集に出したゴミから情報収集をされることも有ります。
また、電話の盗聴やメールの傍受も気を付けるべきでしょう。

郵便物も抜かれ開封され、見た上で元に戻す。

この様な情報漏れも有ります。

情報漏れの原因を突き止める どの様な行為で情報が盗られたにせよ「ほのめかし」はとても卑劣な行為です。

「ほのめかし」を感じた時には、自分の周りの情報漏れに十分に注意する。
「ほのめかし」から出てくる情報によく注意し情報内容から、どこから情報漏洩が発生しているのかを推察する事も大切です。

(参考ソース)

集団ストーカーと個人情報入手の関連性

http://m.webry.info/at/infowave/200911/article_1.htm;jsessionid=610469D12B1D832C403FB7AC9477D286.1029bblog403?i=&p=&c=m&guid=on

□:対策法は?

情報漏洩の元として次の様な漏洩もとが、考えられます。

★:固定電話・携帯電話の通話内容・FAX  

★:パソコン・携帯電話のネット履歴やメール

★:郵便物や宅配物

★:友人や家族・近隣住人

★:公的機関・警察・郵便局・市役所やハローワーク

★:自治体や学校関係・PTA・防犯パトロール 

これらの機関や電話・ネットに嘘の情報(一つ一つ違う、嘘情報)を流して漏洩先を突き止めてみましょう。

中には、自分の家族や恋人から情報漏れが発生している場合も有ります。

わざと情報を漏らし、相手や場所によって漏らす情報内容を変え、どこから漏れているかを確かめる事が大切な対策法です。

情報漏洩元が発見出来た場合は関わりを持たないのが一番の得策ですが、生活的に接触して、行かないと生活が困難な場合は常日頃、個人情報漏洩に気を付けましょう。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/13(金) 20:14:07|
  2. 加害手法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<日常生活の停滞と生活妨害集、就職妨害編。 | ホーム | 市民の隠れる場所はもう何所にも無い。>>

コメント

ほのめかしというのは実は広告宣伝の類のお金により成り立っているのではないでしょうか。

これまでにいろいろな掲示板を見てきましたが、集団ストーカー、電磁波犯罪等の書き込みが多くなるのはきまって景気が悪い時期のようです。
景気が悪い時は通常の広告の依頼が減るのが普通でしょうから、かわりにこの手のよくない宣伝が増えるということではないでしょうか。
  1. 2012/01/29(日) 18:33:50 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenne123.blog.fc2.com/tb.php/14-a52e634b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。