ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギャングストーキングと集団ストーカーの共通点

日本では集団ストーカー

アメリカ、カナダでは

□ギャングストーキング
□マルチストーキング
□コーズストーキング
□テロリストストーキング
□復讐ストーキング
□コインテルプロ

と呼びます。

そのギャングストーキングの手口(プログラム)は日本の集団ストーカーに驚くほど似通った点がいくつも見られます。

ギャングストーキングの手口

攻撃方法:どのようにターゲットに対して使用されるか

いくつかのテクニック例です。

最も一般的な技術のいくつかは以下のとおりです。

★古典的な条件付け(アンカリング)

ターゲットに対して個別の生活習慣を取得して(プロファイリング)

毎日の出来事に対して敏感になるように仕向けます。
数ヶ月や数年をかけて標的をハラスメントの為に毎日の出来事に対して否定的に敏感にします。

公衆に標的が差別されていることと監視されていることを知らせるために行われます。

一部の例としては、音、色、パターン、仕草等です。例、赤、白、黄色、縞模様、ペンをカチカチ言わせる音、鍵を鳴らす音、大きな咳払い、口笛、手を叩く音、携帯電話、ノートパソコンなど

★365日24間体制の監視

標的が何処に行っても尾行して関われるようにするためです。
標的の調査にもなります。どの店に標的が向かうか、働いているか、遊びに行くか、家族構成と友好関係も調べられます。
標的と親しくなること、地域や標的が住むアパート、通りを隔てた場所なども利用されます。
標的の電話の邪魔したり、コンピュータの利用の邪魔などもあります。

★社会からの分離(悪評の流布)


社会からの分離は、ターゲットの悪評述べた社会からのパージ工作。

これは、レポートを介して行われます。

加害者グループは中傷キャンペーンも動作します。
犯罪加害者は、ターゲットの行動や活動の一方的評価を提示します。

目標が被害者の悪評で危険人物、犯罪者、幼児性愛者、性犯罪者、精神異常者、犯罪加害者の言い分を伝えるに自分の名前を隠して、社会的に信用度が高い機関からの情報として流布されます。

この一方的評価は、虚偽の報告、嘘、とターゲットが設定された合法的な事件を含めることができます。


ギャングストーキングの基本的、犯行テクニック要素のいくつかは、共産国家の秘密警察の定義と一致します。

ギャングストーキングは、ほとんど精神病を再現した犯行です。

犯罪行為を立証する、事は困難で証拠を残さず、被害者に対してひそかに行われる、心理学的完全犯罪です。

被害者に対してのストーキング行為をギャングストーキング実行グループは犯罪行為が発覚しない、法律上自らを守るために学術テクニック要素の方法を知っています。

被害者の孤立分離化は、強烈な誹謗中傷キャンペーン(パージ工作)で社会・家族関係を中断することにより、通常ギャングストーキング開始から社会的孤立分離化と家族間分離化は一度に達成されます。


ギャングストーキング犯罪実行者はストーキングが開始する前から、ターゲット対して、長い間をギャングストーキングを計画しています。

心理学的プロファイリングが行われ、これは強烈な心理学的な嫌がらせや恐怖、士気や心理的嫌がらせも越える社会的抹殺を含む全体的なキャンペーンを計画することです。

手口は、ソビエト(現ロシア)のソ連国家保安委員会(KGB)や、ナチスドイツのナチスによって実装される一般的な人々に対して行われていたキャンペーンです。

アメリカでは前世紀の半ばに早い段階でKKK団(クー・クラックス・クラン)によって実行されていた手口から派生されています。..

罪のない人間に対して、この危険な危険な犯罪加害活動のすべての戦術やイベントが蓄積することで、被害者はトラウマにつながった精神状態には、ターゲットの個人を破産させ死に至る可能性があります。

自殺はしばしば攻撃を介して誘導されています。


★ギャングストーキング
実行、犯罪加害者達。

   
犯罪協力者(モグラ)達は電話や無線機を使って、ターゲットをストーキングしています。


『そのグループの人々は、彼等の活動時間の後、晩御飯に出かける話をしていました。

そこで、私もそこに出かけてみました。

すると彼らは、あけっぴろげに、まるで自分たちが警察官であるかのような、数々の活動の議論をしていたのです』 『本物の警察官達もそこに同席し、彼等の話を聞いていました。

後で知ったことですが、警察官が同席していたことは偶然ではなかったのです』
『グループのそれぞれのメンバーは、知恵遅れや、精神を病んでいる人々、自分たちが秘密諜報員であると勘違いしているような人々です』

『ギャングストーキンググループのメンバー達は、ターゲットとなった人物が、彼等の抱えている問題の原因であると教え込まれています。彼等の人生が失敗している理由が、ターゲットとなった人物のせいにされているのです』  そして、典型的なギャングストーキングメンバーの勧誘(リクルーティング)方法について、こう記しています。 『ギャングストーキング実行グループのメンバー勧誘は、職業階層として底を支えているブルーカラーワーカー(肉体労働者)に対して行われます。あらゆるドアの鍵を開けられる、ビルやホテルの門番や玄関番、通常は立ち入り禁止の場所に出入りできる警備員、仕事をしながらターゲットとなった人物を一日中車などで追いまわせる、特定の職種の市局員等がこれに当たります』

『ギャングストーキング実行グループのメンバーには、常に路上に存在するタクシードライバーも含まれます。

さらには、通信、電気会社関係の従業員も含まれ、彼らは彼等のサービスを使ってターゲットとなった人物の生活妨害ができますし、仕事をしながら、他のメンバーとのパトロールに時間を割くこともできます』
 ここで一つ指摘したいのですが、それは、ギャングストーキング実行グループのメンバーがそのグループに属している主たる理由が、彼等の自尊心の低さにある、という点をローソン氏が記していることです。

ギャングストーキング実行グループのメンバーは、職場でうだつが上がらず、社会的にも恵まれない人々が多いということです。

一方で、メンバーの中には、社会的にはうまくやっており、その職種でしかできない工作に魅力を感じている人々も存在します。

この良い例が、電話やケーブル会社の社員で、彼等の選んだ人物の重要な会話を盗聴したり、邪魔したりすることの出来る人々です。
ここで、ローソン氏が直接、ギャングストーキング実行グループのメンバー自身から聞いた台詞をご紹介します。

『俺たちは、警察みたいなもんさ。警察よりも偉いけどね』 『私たちは、警察を助けてる市民団体よ。
そいつ(ターゲットとなった人物のこと)が、過去にやってきたことを、この町でしでかさないようにしているのよ』 (実際のギャングストーキング被害者には、過去に社会的な問題を起した人はいません。
ギャングストーキング実行グループのリーダーは、こういった嘘によって、グループに動機を与えているのです) 『奴ら(ターゲットとなった人物のこと)がなにをしていようが関係ないさ。

俺たちから逃れることは出来ないんだからね』 ギャングストーキング実行グループのメンバーは、自分たちのことをこう言います。
『俺たちが何者かって?あんたが病気になったら、救急車であんたを病院まで運ぶのは俺たちさ。あんたの家が火事になったら、消防車で駆けつけて火を消し止めてやるのは、俺たちさ。

俺たちは警備員さ。あんたのことを夜通し守ってやってるんだぞ。俺たちのおかげで、あんたは電気が使えて、電話がかけられて、ネットワークが使えるのさ。
俺たちは門番さ。鍵を持ってるんだぜ。あんまり俺たちに面倒かけないほうがいいんじゃないか?
スポンサーサイト
  1. 2011/05/27(金) 20:17:00|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ギャングストーキングと集団ストーカー | ホーム | ヘイトクライム>>

コメント

私のブログをみて頂いてありがとうございます。
リンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
  1. 2011/05/30(月) 20:21:53 |
  2. URL |
  3. いっくん11 #-
  4. [ 編集 ]

都合の悪いところは検索できません
  1. 2011/06/05(日) 15:09:15 |
  2. URL |
  3. だい #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenne123.blog.fc2.com/tb.php/33-7fc7a364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。