ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

個人情報の漏洩と集団ストーカー

タスポ情報を任意提供=日本たばこ協会、捜査当局に
7月27日11時41分配信 時事通信

未成年者の喫煙防止を目的としたたばこ自動販売機の成人識別カード「taspo(タスポ)」を発行する日本たばこ協会(東京)が、個人の利用日時や場所などの情報について、警察や検察などの捜査当局に任意で提供していたことが27日、分かった。

情報提供は刑事訴訟法に基づく照会に対する回答という形で、同協会は「個人情報の管理は厳格に行っているが、公的機関から正式に捜査協力を求められれば協力はしている」としている。

同協会によると、個人情報保護法に関する同協会の方針や、タスポ会員規約の「個人情報の収集および利用」の項目で、「会員は協会が必要な保護措置を講じた上で(個人情報を)利用することに同意する」と規定していることに基づき、生年月日や住所、電話番号、カード発行日、たばこ購入の日時や自販機の所在地などの情報をケースに応じて捜査当局に提供しているという。


捜査当局が犯罪者の行動捜査以外に個人情報を使っているらしい。

行方不明の捜索、税金や罰金の未納者の行動を把握するのにも使われているらしい、(これは集団ストーカー現象ではないのか?)

こうした監視社会のシステムが集団ストーカーに悪用されているのではないでしょうか?


例え治安維持やテロ対策と言う建て前があったとしても、他人に自分の行動履歴が筒抜けになってしまっている監視社会は異常です。
便利なICカードが出回っていますがタスポだけでなくスイカやパスモ等も捜索当局(警察組織)に使用者履歴が出回っていると考えるのが自然でしょうね。

アメリカのギャングストーキング実行犯は被害者の被害内容から

引用文

「(警察を始めとした)公務員らが市民のプライバシー窃盗を行なっており、そこで得られた個人情報が集団ストーキング犯罪に利用されている」事実はもう大勢のアメリカ人が知ってることなんだから。


スポンサーサイト
  1. 2011/08/01(月) 22:09:37|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生活安全条例 | ホーム | 通信傍受法(盗聴法)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenne123.blog.fc2.com/tb.php/41-f06e6f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。