ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何故、解決しないのか?

集団ストーカーの全てを警察組織の犯罪だと決め付けた場合、解釈上集団ストーカーを総合的に説明するには無理が出てきます。

集団ストーカーとの関連性が問われている、所謂企業のリストラやクレーム処理、国や政財界に気に食わない人物の抹殺、某宗教関係を説明していくことができません。

集団ストーカーを総合的に説明可能となる解釈は、集団ストーカーとは、

政治権力・公権力を背景とした団体なり組織・集団なりが、捜査当局関連の法案や予算、人事、裏金の黙認や承認する代わりに、

自分達(組織・団体)にとって気に食わない特定人物(ターゲット標的)に対して『なんらかの容疑』に基づいて、捜査当局による検証令状で組織的にターゲットのいく先々を付回しさせること ということになる。

つまり集団ストーカー活動とは、政治的権力を背景とした階層による捜査当局の職件乱用とゆう図式になります。

政治・財界・官僚・マスコミの協力と共有・共用により存在・利用されている、社会的、抹殺スキル・ガスライティング、この国と社会が必要としているシステムで解決や検挙・裁かれる事はないでしょう。



黒幕−−−国家・自衛隊・警察


依頼主−−−マスコミ・探偵・広告代理店・企業・政治家・官公庁・宗教団体など


実行犯−−−各都道府県の防犯協会・警察協力団体ネットワーク・警察組織


ギャングストーキングに参加する警察官を英語圏ではパープ警察官と呼ぶそうですが、これは世界的に集団ストーカーと言うシステムが構築されている事を示しています。

参考ソース

拝啓日本のギャングストーカー犯罪者の皆様

http://americanobotsuraku.blog132.fc2.com/?m&cr=b9a56f86a1c5ad33c22b3ad2bd1926eb


スポンサーサイト
  1. 2011/08/16(火) 04:44:53|
  2. 犯人像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パープ警察官対策法 | ホーム | ギャングストーキング警察の対応>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenne123.blog.fc2.com/tb.php/45-c9ecc075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。