ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パープ警察官対策法

パープ警察官とは?

英語圏のギャングストーキングに参加、加担する警察官を指しています。


参考ソース

拝啓、日本のギャングストーカー加害者様

http://americanobotsuraku.blog132.fc2.com/?m&cr=b9a56f86a1c5ad33c22b3ad2bd1926eb

からの引用…

【ギャングすとーかーレポート@USA】

八月最後の日曜日、合気道のセミナーを見学しに
アップランドという町まで行ってきました。

わたしにとってアップランド市は「初めて」訪れた町だったのですが、アメリカへ来てから発見した、ギャングストーカー犯罪者の法則のひとつは、ストーキングをしてくる警官パープ(パープとは集団ストーキング実行犯を指す英語圏での俗称)の乗ったパトカーや徒歩の警官パープは、ランダムに現れるのではなく時間、タイミング、場所を一定させて現れるという点です。


それが偶然すれ違ったのではなく、わざとやってるストーキングなんだと被害者本人にだけ気づかせることに意味があります。

第三者には通常のパトロールだと嘘を吐き、犯行の責任から逃げつつ、常に犯罪の足がつかないよう細工するということです。

そして私の場合その警官パープらが出没する「お決まり」の場所のひとつが私が「初めて訪れる町」なのです。


この日もアメリカのパープ警官さんは期待を裏切らず税金使って公用車(パトーカー)で、ご挨拶に来てくれました。ご丁寧に3回もです。アップランドに到着してフリーウェイから下道に降りる直前と直後、そしてセミナーが終わってフリーウェイに向かう道で…

ほんとに呆れたのはセミナーのあと遠方から来られた高段者の先生を囲んでビールやジュースで乾杯して皆で談笑し、(アメリカですから)帰りたくなった者から三々五々、各人勝手に帰っていくんですね。なので誰が何時何分に去るかは、予めわからない。

私も、もうちょっと居ようかな、でも家に帰ってやることあるしなあ・・とかいろいろ考えながら、ほんとうにいわゆる「テキトー」なところで退席したんですね。

 そしてセミナー会場の道場を出ると、すぐ前方にパトカーがいるんです!

・・ってことはですよ、ずっと私を待ってるんですよ、このパープ警官さんは、わたしのようなただのオッサンが帰るまで、会場の近くで待機して。


引用終了…


日本でも同じようにパープ警察は活動が活発のようです。


警察の嫌がらせ

Yahoo!検索

1410000件

集団ストーカー警察


560000件


この数字から日本の集団ストーカーにパープな警察が加担しているのでしょうね。

各地の都道府県、公安委員会に、「警官の犯罪行為や警官不祥事事実」を指摘して、警官処分を求めるか、
警察署長宛て「苦情申立書」を提出してはどうでしょうか。


警察法第79条の利用


警察官の不祥事が相次いだため、平成12年に、警察官の職務執行に対する苦情申し立て制度が出来ました。
第79条 都道府県警察の職員の職務執行について苦情がある者は、都道府県公安委員会に対し、国家公安委員会規則で定める手続に従い、文書により苦情の申出をすることができる。


公安委員会は警察のお目付役です。

警察官は縦社会なので、公安委員会から呼び出し食らうだけでかなり焦ります。

特に様式はないようですが、お住まいの地域の公安委員会に以下の内容で申立書を作成し提出してください。

1 氏名、住所及び電話番号

2 住所以外の連絡先へ処理結果の通知を求める場合は、当該連絡先の名称、住所及び電話番号

3 苦情申出の原因となった警察職員の職務執行の日時及び場所、当該職務執行に係る警察職員の執務の態様その他事案の概要

4 苦情申出の原因となった職務執行により申出者が受けた具体的な不利益の内容又は当該職務執行に係る警察職員の執務の態様に対する不満の内容

また、警察法第79条第2項では

「都道府県公安委員会は、前項の申出があつたときは、法令又は条例の規定に基づきこれを誠実に処理し、処理の結果を文書により申出者に通知しなければならない。」
となっています。


また全て代行してくれる弁護士事務所も多数存在します、相談してみるのも如何でしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2011/08/18(木) 15:50:55|
  2. 海外情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<IC付き運転免許証対策法 | ホーム | 何故、解決しないのか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenne123.blog.fc2.com/tb.php/47-e4973861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。