ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国策ストーキング

集団ストーカーの全体像は、

警察と生活安全条例、参加団体、参加者(防犯ボランティア)で成り立っている実態が多数の報告者、多数の目撃者、海外情報から間違いないでしょう。


集団ストーカーを警察関係組織、生活安全条例参加団体の仕業と仮定して考察して見ました。


被害者の決定は、政、財、官、マスコミ、警察組織からの依頼で選択されます。

交通情報監視システム、Nシステムや街中の監視カメラTシステム、携帯電話のGPSや固定電話・携帯電話の盗聴やメールの傍受、被害者のカード類の使用状況、ICチップ付き免許証、生活習慣アルゴリズムなどから被害者の居場所を特定し、ガスライティング(防犯ボランティアを利用)を実行してきます。


被害者の身の回りでは以下の用な出来事が始まります。


生活安全条例、参加団体・参加者(防犯ボランティア)防犯ネットワークとは?。

警察署・消防署・郵便局・消防団・市役所・PTA・警備業・宅配業者・新聞販売店・タクシー業者・バス運営業者・小売り業・自治会・町内会、交通安全協会、トラック協会、多種多様な防犯協会(防犯工業会、金融防犯協会、森林防犯協会等)の警察協力団体や医療機関・市民がつくる色々な団体組織が含まれます。


被害者の身辺では、様々な不審な現象が生じるでしょう。

被害者が外出や会社に出勤すると街中や駅、電車内で不特定多数の見知らぬ人々に追跡や待伏せをされたり監視されたりする。

また、犬の散歩に見せかけた尾行、追跡 や監視、犬を使ったノイズキャンペーン(吠えさたり・犬同士を被害者の自宅付近で喧嘩させる)、自転車に乗った巧妙な尾行や監視ノイズキャンペーン(ブレーキ音やベルを鳴らす)を展開してきます。

加害者グループは携帯電話で連絡網を形成し、被害者を追跡したり被害者の情報を共有したり・通報します。

防犯名目で被害者への声かけと称し、咳払い・大きなくしゃみ・仄めかし、高笑いや鼻すすりを仕掛けたり、被害者の近隣住民に悪評の流布と嫌がらせの為の協力を取りつけ被害者の社会的抹殺(ガスライティング)を開始します。


実行加害者グループは諸説色々な説がありますが、宗教団体説、反日外国人説、世界的な実行グループから推測して生活安全条例参加団体と参加者が実行犯と考えるのが自然でしょう、依頼主(クライアント)側に宗教団体や反日勢力が関わっていると考えると全体像が見えてきます。


■・集団ストーカーは警察組織の自作自演

アガサスより引用…


新聞配達員や防犯パトロール隊員に睨まれたり冷笑を浴びせられたりだとか、消防団の訓練で公道が封鎖されて自宅前に車で行けなくなる事が頻発したりだとか、集合住宅の住民が入れ替わってノイズキャンペーンを始めたりだとか、住居侵入や車両侵入が頻繁に起こったりだとか、近所のコンビニに行くと荷物だらけで通れない店内だったり商品が取り出せない状態であったり店員がうろうろし始めたりだとか、不自然に体操する人や掃除する人がタイミングよく現れたりだとか、家の前を毎回違う人が毎回違う犬を散歩させていたりだとか、急に挑発的なタクシーや自家用車やトラックや重機や自転車が増えるだとか、運転するたびに救急車、消防車や警察車両が多数現れるだとか、家の前で違法改造車が爆音を響かせるだとか、どこに出掛けても周囲を警備員にうろうろされるとか、列挙し出すと際限がなくなるのでこのあたりでやめておきますが、全国規模、地域ぐるみのストーキングに遭う、そんなことがある日を境に一気に始まり、延々と毎日続きます。

これが実際に起こり、映像等の記録ができるわけです。

※そしてそのネットワークは警察協力団体ネットワークと一致します。

※ここで考えるべき問題は、これだけの組織だったネットワークが、警察協力団体ネットワークの他にあるか、ということです。

無いのであれば、これで決まりです。

※全てのつじつまが合います。

私はこれに匹敵するネットワークを持つ組織は無いと思います。

そんなものが存在して国民の生存権を侵害していたら、警察が捜査するでしょう。

※家宅侵入は当たり前に捜査されるでしょう。

マスメディアが報道するでしょう。

敵対する団体がいれば恰好の糾弾材料として利用するでしょう。

以上のことから、

※警察の加担は100%です。

違うと言うなら捜査してください。

何の罪も無い人々が生存権の侵害を延々と受けているのです。

実際に私に対して警察官が加担していると被害を訴えていた清水由貴子さんは亡くなっているのです。

違うと言うなら捜査してください。

捜査して答えが出せないのであれば、自殺強要ストーキングは、警察の自作自演である国家犯罪と断定できるでしょう。

(参考ソース)AGSAS


http://antigangstalking.join-us.jp/


アメリカ・カナダのギャングストーキング実行グループは地元の警察官と自身を警察組織の一員と勘違いしている
イカレタ、一般市民たちでした。

日本の集団ストーキング実行グループも同じと考察するのが自然では無いでしょうか。




その根拠は


■警察に相談しても、集団ストーカー行為が解決しない、それどころか被害届は受理もしないで、被害者の精神的なものと捉え被害者を追い返したり精神病院に強制的に入院させる。


■公務員やその他企業に命令や加担させる事が出来るのは警察組織しか考えられない。


■集団ストーカーは、国や大企業などの追い込み工作として存在し、「防犯」という大儀を隠れ蓑にしている。
(少しずつ裁判沙汰や敗訴していますが…)


■被害者の居場所特定や、ナンバー読取装置Nシステムや携帯電話のGPS追跡や電話の盗聴などを使える組織は※警察組織しか存在しない。


■一つの民間企業や組織・団体が出来ることではなく税金投入設備を使った、公権力がらみの犯行以外考えられない。


■政治家、官僚、公務員や警察官の被害者も存在している、政治家、公務員の雇い主は国である。


以上から警察組織の加担と実行は間違い無いでしょう。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/04(火) 19:57:40|
  2. 犯人像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<裏金 | ホーム | マル特(危険人物・監視対象者) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenne123.blog.fc2.com/tb.php/62-6b6c089b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。