ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

企業=産業医=宗教団体=集団ストーカー

日刊サイゾー

企業と宗教団体の関係が日刊サイゾーで明らかに説明されています。


企業にとって不利益な人物に宗教団体を使って抹殺を働いていた事実が記事には語られています、リストラやクレーマー処理又は罪も無い市民の抹殺に宗教団体が利用されている、可能性が濃厚となってきました。


前項省略


「私が相談を受けた集団ストーカーは、かなり大手の外資系会計事務所の法務部が、ある宗教団体の行動部隊へ委託して行われたという、かなり悪質な一件でした。

信じ難いことですが、一部の教団にはそういう"業務"を請け負う部隊があり、各企業の法務部とパイプを構築しているのです。

裏仕事を暴力団に頼むのと構図は同じです。

しかもそのときは、顧問弁護を務めていた女性弁護士も承知していたというのだからひどい話です。 


道ですれ違いざまに『山田一郎(仮名)、死ね』とささやいたり、ホームの対面からじっと視線を合わせたりするわけです。

ノイローゼになって産業医に相談に行くと、『最近、人の視線が気になりませんか』とか、『幻聴は聞こえますか』と誘導する。

で、私に相談してきたのは、その集団ストーカーをしたひとり。

『上からの指示でこんなことをしたが、もうやりたくない、死にたい』とメールで泣きついてきました。

やる方もこたえる。

負の連鎖ですよ」

また、別の産業医(40代開業医)も集団ストーカーについて次のように言う。

「企業の法務部と教団ラインの集団ストーカーは、最近はあまり行われなくなったとも聞いています。

人を多く使うので、どうしても情報が漏れやすいですからね。

やる側も罪悪感から精神を病む人もいますし」

引き受ける教団も教団なら、そんなところへ"業務"として下ろす企業も企業。

ここまでブラックな手法が一部の大手企業で常態化していた事実に驚くしかない。

参考ソース

http://megalodon.jp/2011-1027-1651-30/n.m.livedoor.com/a/d/5969509?f=110


http://n.m.livedoor.com/a/d/5969509?f=110

http://www.cyzo.com/2011/09/post_8463.html

後は被害者の個人情報(電話の盗聴や位置情報)を何処から入手しているのか?

被害者に付きまとう緊急車両、宅配業者やタクシー郵便局員や警察官、被害者の行く先々で嫌がらせを仕掛ける、スーパーや飲食店、理髪店の連絡網(生活安全条例、参加団体)の解明を考察して行けば犯罪加害者実行グループは検挙できるのではないでしょうか。


自殺や精神科に強制入院また犯罪に誘導された被害者達の為にも…

加害者グループが実行しているガスライティング犯罪は人殺しと精神異常者認定と犯罪者作りですから、どんな理由があっても許される事ではありません。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/21(金) 20:10:26|
  2. 加害手法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ロービングバグ(携帯電話盗聴・盗撮)対策再編集 | ホーム | 悪魔のスイッチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kenne123.blog.fc2.com/tb.php/67-f633428e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。