ガスライティング犯罪対策情報室

ガスライティング犯罪の対策法を考えるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

IC付き運転免許証対策法

ほとんどの国民に行き渡った感があるIC付き運転免許証、警視庁は「ICカード免許証」などと呼んでいますが、これはRFID免許証です。


□:RFID免許証とは?

アメリカでは、連邦政府と一部の州が、運転免許証の偽造や盗難を防ぐため、ドライバーの個人情報を無線で発信するチップを免許証に組み込むことを検討している。

(すでにアメリカでは実施中)


連邦議会は、州の発行する運転免許証を国内どこでも読み取れる国民IDカードにするため、各州に対して「スマートカード」統一標準への準拠を義務づけるようになるかもしれない。

運転免許証に組み込まれるRFIDチップは、最低限でも、免許証の表に記載された全情報を送信する。


いずれは指紋などの個人識別情報が追加される可能性もある。


□:問題点は?


 「RFIDタグの最大の問題は、遠くから読み取れることだ」と米市民的自由連盟(ACLU)の『技術と自由プログラム』顧問を務めるクリストファー・カラブレス氏は指摘する。

運転免許証にRFIDタグを組み込めば、たとえば政府機関が読取機を広場に向けて、デモ参加者の身元を特定することも簡単にできるようになる。


街を歩いているだけで、どこかの悪者に、財布の中の免許証から誕生日や住所などの個人情報を盗まれるかもしれない。

口座利用者の身元確認にこういった情報を利用している銀行が多いため、これは重大な問題だ。


カード読取機からの情報をGPSによる位置情報と組み合わせ、衛星を通じて中継すれば、政府が市民の動向を総合的に把握することも可能になる。


また、ストーカーがRFID運転免許証を悪用して、被害者を追跡することも考えられるとカラブレス氏は言う。


「悪夢のようなセキュリティー侵害が現実になるかもしれない」

参考ソース

バージニヤ州、運転免許証に無線RFIDを検討

http://wiredvision.jp/lite/u/archives/200410/2004100803.html


日本の警察庁は、このRFID運転免許証は「運転免許証の国際標準規格に対応」したものと言っています。


つまりアメリカと同じ性能面を持っているという事でしょう。


IC付き運転免許証に記録されている内容は、公表されているだけでも、氏名、生年月日、免許証交付年月日、有効期間、免許の種類、免許証番号、本籍、顔写真となっていますが。


他にも職業や前科その他、個人情報が含まれている、可能性は充分にあります。


Nシステムと連動して、国民の追跡調査や犯罪調査に使われるのは当然でしょう、もちろん集団ストーキングにも活躍するでしょうね。


□:対策法は?


電子レンジで数秒間チンするか、またはアルミ箔でくるんで持ち歩いて下さい。

アメリカでは免許証をハンマーで叩いて、RFID(ICチップ)壊すとゆう荒業を使う、輩もいるそうです。(あまりおすすめできませんが…)

  1. 2011/08/26(金) 13:51:07|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個人情報の漏洩と集団ストーカー

タスポ情報を任意提供=日本たばこ協会、捜査当局に
7月27日11時41分配信 時事通信

未成年者の喫煙防止を目的としたたばこ自動販売機の成人識別カード「taspo(タスポ)」を発行する日本たばこ協会(東京)が、個人の利用日時や場所などの情報について、警察や検察などの捜査当局に任意で提供していたことが27日、分かった。

情報提供は刑事訴訟法に基づく照会に対する回答という形で、同協会は「個人情報の管理は厳格に行っているが、公的機関から正式に捜査協力を求められれば協力はしている」としている。

同協会によると、個人情報保護法に関する同協会の方針や、タスポ会員規約の「個人情報の収集および利用」の項目で、「会員は協会が必要な保護措置を講じた上で(個人情報を)利用することに同意する」と規定していることに基づき、生年月日や住所、電話番号、カード発行日、たばこ購入の日時や自販機の所在地などの情報をケースに応じて捜査当局に提供しているという。


捜査当局が犯罪者の行動捜査以外に個人情報を使っているらしい。

行方不明の捜索、税金や罰金の未納者の行動を把握するのにも使われているらしい、(これは集団ストーカー現象ではないのか?)

こうした監視社会のシステムが集団ストーカーに悪用されているのではないでしょうか?


例え治安維持やテロ対策と言う建て前があったとしても、他人に自分の行動履歴が筒抜けになってしまっている監視社会は異常です。
便利なICカードが出回っていますがタスポだけでなくスイカやパスモ等も捜索当局(警察組織)に使用者履歴が出回っていると考えるのが自然でしょうね。

アメリカのギャングストーキング実行犯は被害者の被害内容から

引用文

「(警察を始めとした)公務員らが市民のプライバシー窃盗を行なっており、そこで得られた個人情報が集団ストーキング犯罪に利用されている」事実はもう大勢のアメリカ人が知ってることなんだから。


  1. 2011/08/01(月) 22:09:37|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガスライティング:就職妨害対策

集団ストーカー企業に勤めて過重労働とストレスで精神病に追い込まれて働けなくなる人が増えています。


被害に遇ったら、どの様な選択肢が有効なのでしょうか?


□:生活保護の受給


□:障害年金取得


どちらも裁定請求はかなり困難な様です。



裁定が難しいのは、市町村財政または年金財政の悪化によるものですが、財政の悪化と被害者の生活は別問題で障害年金や生活保護制度を堂々と利用しましょう。

集団ストーカーで精神を病んだら裁定請求しましょう。

◆ 弁護士と社労士と医者に相談する、

障害年金裁定請求と労災認定を通すには、被害者だけで頑張っても多くの壁が立ちはだかるため、非常に困難です。


費用はかかりますが、弁護士と社会保険労務士に相談するとスムーズに話が進みます。


□集団ストーカー企業の状況証拠を集める。


被害者の勤めている企業が古典的な集団ストーカー依存性企業であることを悟ったらすぐに退職せずに、自分の出勤・退勤、嫌がらせ(モビング)等を正確に(メモやボイスレコーダー、画像)記録しましょう。


サービス残業を隠すためにタイムカードを廃止している会社もあります。

タイムカードの代わりになる携帯アプリやパソコンソフトがあるので、使いましょう。

また、暴言や無理難題の業務命令があるようでしたら、ボイスレコーダーや携帯の録音機能で残しておきましょう。

□ 精神科の受診


精神的な不調を感じてきたらその状況を記録しておいてください。

1日の睡眠時間や騒音被害の状況、嫌がらせにより人に会えない、電車に乗れないなどの症状を細かく記録して、精神科を受診しましょう。

医師は被害者の社会的地位を考慮して「うつ病」という病名をあまりつけたがりません。

「診断書にはどう書きますか」とさりげなく訪ねてくるので、「"うつ状態"ではなく、"うつ病"としてください」と申告します。

この病名は障害年金裁定請求の際に重要になります。

「うつ状態」では、絶対に裁定は降りません。

障害年金の受給要件である「発病後1年半経って病状が固定していること」を満たすため、最低2年は通院しましょう。

□:専門家に相談しよう


状況証拠がすべて揃ったら、弁護士に相談しましょう。

労災問題にくわしい弁護士を付けて未払い賃金(残業代)の請求と、うつ病の労災認定に関して話を進めてもらいます。

障害年金裁定請求にくわしい社会保険労務士にも相談し、障害年金裁定請求の準備に入りましょう。

その後の手続きは、専門家にほぼ全部任せて下さい。

スムーズに行けば、労災扱いの障害年金裁定が受けられます。

医者や弁護士が非協力的なら、別の病院に転院するなどして、進めてください。


集団ストーカー依存性企業は、続々悪行が裁かれる時代になりました。

自殺を選択しないで国の制度を利用しましょう。

  1. 2011/07/17(日) 19:18:10|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

興味深い雑誌記事

2007年1月27日号、週刊現代の興味深い記事

【『個人情報保護法』の正体】

公権力は携帯電話から本人の許可なく個人情報を引き出すことができるという。

要するに警察は携帯電話の履歴等のデータベースにアクセスして個人情報を際限なく集めることができるのだと言う。

さらに、携帯電話の『位置情報(携帯電話が基地局と交信している記録)』が、こういった監視活動の眼として機能するとされ、
この基地局記録はそのまま携帯電話所有者の移動記録となる。

さて、ここで考えてみるべきは、この基地局記録を警察が取得していることを国会答弁で明らかにされたことである。

さて、携帯電話に関する興味深い内容はまだ続いていく。

2003年4月17日衆議院の個人情報の保護に関する特別委員会において
社民党代議士が以下の質問をしたとされる。

『携帯電話の過去の通話記録や位置情報、『未来の位置情報』を捜査当局が検証令状でによって取得することはあるか』 それに対する法務省刑事局長は、
『検証令状でとる場合がある』と答弁したとある。

要するにこれはなんらかの容疑があれば捜査当局は検証令状で、過去の通話記録から『未来の位置情報』まで取得しているということだ。

ここでのキーポイントは『未来の位置情報』だ。

これはマークした人物、すなわち対象の行く先々をリアルタイムで追跡していることを意味する。

つまり捜査当局は検証令状によって、『なんらかの容疑』でマークした特定人物(対象)に対して対象の行く先々をリアルタイムで組織的につけ回しているということになる。

しかも本人があずかり知らぬ間にである。

これは昨今ネット上で問題となっている『集団ストーカー活動』ではないか。

ここで曲者となるのは『なんらかの容疑』だろう。

もし、政治権力を背景とした団体なり組織集団なりが、捜査当局関連の法案や予算、人事を承認する代わりに、自分達にとって気に食わない特定人物(対象)に対して『なんらかの容疑』に基づいて、捜査当局に検証令状で組織的に対象のいく先々を付回すことを要望していたとしたらどうだろうか?

集団ストーカー活動が俄に現実味を帯びた事象として我々の目の前に浮上してくることになる。

さて、ここまで事態が進行しているとするなら、
『集団ストーカーが警察による仕業』という指摘は肯定性を帯びてくることになる。


続きを読む
  1. 2011/05/21(土) 10:35:49|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教授は自分を監視・盗聴する団体の幹部と思っていた。

中央大学理工学部教授、当時(45)=を刺殺したとして殺人罪に問われている卒業生で家庭用品販売店従業員の裁判で被告人弁護人質問。

被告人はガスライティング被害者なのか統合失調症何でしょうか。

□:教授が被告人を監視する団体に所属しているとの思いを募らせていた。

□:授業中に別の教授から「なぜしゃべらないのか、異常だぞ」と言われたことがあった。

Q.弁護人「その発言は君に向かっていったのですか」 

□:その当時、自宅で話をしていなかったので、そのことを指摘して教授が怒ったんだと思いました。

Q.弁護人「そのことを教授はどうやって知ったと思いますか」

□:盗聴器を使って調べたんじゃないかと思いました。

□:疑いをもった被告人は、自宅の壁のコンセントをはずしたり、テレビやパソコンを調べたりした。しかし、盗聴器は発見できなかった。

Q.弁護人「発見できなくても、盗聴されているのは間違いないと思いましたか」 

□:間違いないと思いました、今でも盗聴されていたと思います。

Q.弁護人「監視したり、盗聴している人は教授1人ですか、複数ですか」

□:複数と思いました。

Q.弁護人「その中で、教授はどんな立場の人だと思っていましたか」

□:自分のことを盗聴している人の1人だと思いました。

★:被告人は研究室にもこの団体の人物がいるという不信感を募らせていた。

被告人は大学の忘年会に参加後、食中毒になり、翌日の集合写真に参加できなかった。

研究室から陥れられたと思いこむようになる。 

★:食中毒になった後、被告人が教授を訪ねたときの質問に及んだ。

Q.弁護人「訪ねたのは食中毒になったことの報告が主たる目的ですか」

□:いいえ、違います。

Q.弁護人「どんな目的ですか」

□:食中毒にかかったか、聞きたくて行きました。

Q.弁護人「それだけですか」


□:盗聴器を仕掛けているか、聞きにいきました。

★:このとき、被告人はすでに大学を卒業しており就職した食品メーカーも退職していた。

Q.弁護人「退職に教授が関与していたと思いますか」

□:いいえ。

Q.弁護人「退職の理由は何ですか」

□:会社の寮の隣の部屋から『何で間違っている』という声が聞こえたり、
夜中に音楽をかけたりしていたからです。


続きを読む
  1. 2011/05/15(日) 02:15:04|
  2. 情報検証
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。